「原因」と「結果」の法則 – 全ては自分から

公開日: : 最終更新日:2013/11/04 自己啓発

毎月、次々と出版される自己啓発書。この果てしない自己啓発書の出版ラッシュの中でどの本を読めばいいのか? 非常に答えにくい質問である。

その一つの答えが「原因」と「結果」の法則。原書は、1902年にイギリスの作家、ジェームズ・アレンによって書かれた「As a Man Thinketh」。

本の内容はかなりシンプルである。それは「自分の周りで起こっている事実は、自分の行動の結果である」ということ。他人に理由を求めずに、自分が思い続ければその通りになるし、思い続けることができなければ、それは実現しない。非常にシンプルなことであるが、非常に重要な事である。

自己啓発書というと「楽して夢が叶う」という論調を強調する本が多い中、さすが古典、基本的なことをいろいろな局面からゆっくりと語りかけている。

もう一つ、この本をピックアップしたのは邦題の良さ。この本の原題は「As a Man Thinketh」は、「思いのとおりになっていく」そういう意味が込められている。これを、非常に短絡的に「成功の法則」のように訳さずに「結果と原因の法則」と哲学書のような高潔なタイトルにまとめている点だ。現在のビジネス書が抱えている問題の一つである「邦題が内容と合っていない」という問題をクリアーし、素晴らしい翻訳になっている。

この本は、結果が出ていないと感じて、イライラしているビジネスマンにしっとりと語りかけてくれている。特に今のビジネス界では叱ってくれる人が少ない。そんな問題を抱えているビジネスマン(は、非常に多いと思うが)全てにおすすめの著書である。

■ 発刊日
原著は、イギリスで1902年に出版された「As a Man Thinketh」である。日本では、邦題、「原因」と「結果」の法則として、2003年にサンマーク出版から出版された。現状で、日本で50万部を超えるベストセラーになっている。

関連記事

グローバルエリートになりたいならまずは基本に忠実に – 世界のエリートはなぜ、この基本を大切にするのか?

この本の著者は、戸塚隆将氏の経歴がすごい。著名な投資銀行、ゴールドマン・サックス、そし

記事を読む

自己啓発本はこれを読むべき:10冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

自己啓発本と言われているビジネス書は、毎月のように大量に新刊書が出版される。そして、その多くは忘れさ

記事を読む

ギブ & テイク ではなく与え続けることで成功する

ギブ&テイク、つまり、「与えたら、頂く」、双方にバランスが取れた取引である。

記事を読む

フロー体験 ゾーンに入る為には?

「ゾーンに入る」という言葉がある。非常に生産性が高く、はまっている状態だ。 ス

記事を読む

「自分の強み」を活かしてビジネスで成功する

「自分の強みを活かしてビジネスマンとして成功する」 こう書くと当たり前のことを書いているだけの

記事を読む

自分の強みを見つけてビジネスマンとしてを成功しよう

「あなたの長所と短所を答えてください」、面接では定番の質問だろう。では、あなたは自分の強

記事を読む

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 – 親父が教えてくれるビジネスマンとしての基礎

この「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」は、1987年(昭和62年)の日本での

記事を読む

悪い習慣を変えたいと考えるあなたへ

誰にでもある習慣。自分自身もはっきりと理解していないこの習慣によって良い結果も、悪い

記事を読む

いつも損ばかりしていると感じている人へ読んでほしい3冊の本

仕事でいつも損ばかりしている。そう感じている人は多いかもしれない。 我慢して色々やっていればい

記事を読む

採用基準 – 地頭よりもリーダーシップが重要?

採用基準。知りたいテーマだ。どいうやったらよい仕事(まあ、良い仕事の定義はいろいろあ

記事を読む

no image
悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

2015年3月 ビジネス書:ベストセラーランキング

「大切なことはビジネス書の名著から学んだ」にアクセスいただきましてあり

2014年4月 ベストセラーランキング

「大切なことはビジネス書の名著から学んだ」にアクセスいただきましてあり

起業を考える際に読みたい本:5冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

昨今、起業ブームだ。起業と言ってもどのようなビジネスをするかによって読

→もっと見る

PAGE TOP ↑