アメとムチのモチベーション理論からの脱却すすめ

公開日: : 最終更新日:2013/12/24 ビジネス教養

アメとムチ、あまりいい意味では使われないが、「報酬を望み懲罰を恐れる」ということであろうか。そして、このアメとムチという考え方が、現代においてモチベーション(やる気)を考える際に根本にあると言っていいだろう。

アメ(つまりダイレクトな報酬) 成果を出したら給料上げてやるから頑張ってやれよ / いい子にしてればあめあげるよ
ムチ(つまりダイレクトな罰則) 成果が出なかったら首切るから頑張ってやれよ / 悪い子になるとおしりペンペンするよ

非常にシンプルであるが、多くの組織、多くのリーダーの頭の根底にあるモチベーションアップためのやり方がこの考え方だろう。

しかし、この「モチベーション3.0」では、このアメとムチ的な考え方で作られたモチベーションアップ理論をモチベーション2.0と定義し、それも前時代的なものであるとしている(もちろんこれが現在でも機能するところもあるだろうが)。

そして、現代においてモチベーションを上げるためには新しいやり方、モチベーション3.0が必要であり、人間の動機づけ(モチベーションを上げる)には、アメとムチ(つまり、報酬と処罰)ではなく、人間の根底にある「学びたい、創造したい、世界をよくしたい」というモチベーションの源を刺激することが重要であるとしている。

このモチベーション3.0を実現するための3つの要素があるとしている。
自律性 自由に自律的(主体的、主導権、自己決定を持って)に仕事をできることがモチベーションアップにつながる
マスタリー(熟達) 積極的な関与により物事に熟達(習得し精通すること)することがモチベーションアップにつながる
目的 目的こそがモチベーションアップにつながる

モチベーション3.0」の原題は「Drive: The Surprising Truth About What Motivates Us」であり、直訳すれば「動機付ける:モチベーションを与えるための驚くべき真実」となるのではないか?

是非、周りの人がモチベーションが低いと感じる時や、自分自身がモチベーションが低いな感じた時も読んでほしい本である。

■ 発売日
モチベーション3.0」の原書「Drive」は2009年にアメリカで発売されベストセラーとなった。2010年のアマゾン・ドット・コム(アメリカ版)の総合ベストセラーランキングで41位となっている。

関連記事

流行は小さなきっかけからうまれる – ティッピングポイント

ティッピング・ポイントは、既に古典的なビジネス教養本と言えるだろう(現在日本では、急に

記事を読む

成功へのアプローチの基本は小さく賭けること

本書の題は、「小さく儲けろ」ではなく「小さく賭けろ」である。 成功した企業は、「

記事を読む

行動経済学が明かす、不合理な消費行動

行動経済学という分野がある。実際の消費者の行動を観察することで人間がどのように選択・行

記事を読む

iモード事件 – 成功体験を体感する

20世紀最後の大ヒットとも言えるのが、iモード。このiモードの誕生を秘話を綴ったのがこ

記事を読む

スクラムで動くITサービスを素早く実現 – アジャイル開発とスクラム

アジャイル開発と聞けば、システム開発の手法だろうと思う人も多いだろう。多くのビジネスマン

記事を読む

最高の経営判断からビジネスを学ぶ – ありえない決断

経営判断。判断した時には賛否両論、いや、否のほうが多かったかもしれない決断でも、歴史

記事を読む

デザイン思考がイノベーションを支える

IDEOという会社をご存知だろうか? IDEOは、アメリカの西海岸、シリコンバレーに本

記事を読む

神秘的な企業:レッドブルの秘密に迫る – レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

レッドブルは謎に満ちた雰囲気がある。レッドブルは実にメディア露出が多い。F1でのレッドブ

記事を読む

実際にビジネスがどう動いているのか? ヤバい経営学

ヤバいという言葉でまず最初に思いついてしまうのが、ヤバい経済学。 経済学の常識を超

記事を読む

失敗から学べ – 米国IT企業の歴史から学ぶ成功の法則

ロングセラーなビジネス書として「失敗の本質」という本がある。日本を代表する経営学者である

記事を読む

no image
悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

2015年3月 ビジネス書:ベストセラーランキング

「大切なことはビジネス書の名著から学んだ」にアクセスいただきましてあり

2014年4月 ベストセラーランキング

「大切なことはビジネス書の名著から学んだ」にアクセスいただきましてあり

起業を考える際に読みたい本:5冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

昨今、起業ブームだ。起業と言ってもどのようなビジネスをするかによって読

→もっと見る

PAGE TOP ↑