これが本当のMBA速習(英語でも) – 10日で学ぶMBA

公開日: : 最終更新日:2013/12/24 経営戦略

いつかは、海外のMBAスクールに行ってみたいと思う人も多いだろう。そんな人々へ、MBAで教えてくれる内容の基礎を1冊にまとめたのがこの「新版10日で学ぶMBA」だ。

もちろん、実際のMBAでは様々なケースを使った勉強や、専門的な選択授業が実施される。この本では、2年制MBAのおける1年目で学ぶ必修コースの内容が詰まっているといっていいだろう。MBAの鉄板であるアカウンティング、ファイナンス、マーケティング、戦略以外にも、倫理(ビジネス倫理)、組織的行動(オーガニゼーショナル・ビヘイビア)といった、あまり興味がわかない(失礼)授業の内容もしっかりとカリキュラムに入れられている。そういった意味では、網羅的なカリキュラムといえよう。

カリキュラム:
第1日 マーケティング
第2日 倫理
第3日 アカウンティング
第4日 組織的行動
第5日 定量分析
第6日 ファイナンス
第7日 オペレーション
第8日 経済学
第9日 戦略
第10日 MBAのミニコース

尚、筆者であるスティーブン・シルビジャー氏は、ダーデン・スクール・オブ・ビジネス(Darden School of Business)という全米でもトップクラスのMBAスクールを卒業している。

この10日で学ぶMBAは、海外のMBAスクールに入学が決まっていて、授業について行けるかどうかわからない人にも非常におすすめの本である。MBAの予習という意味では基礎が十分詰まっているし、これの和書と原書を合わせてみれば、MBAの授業でつまづきやすいアカウンティングなどの理解も進む。原著(英語)と合わせて読むことをおすすめする。

ちょっとした演出としては、この本の最後にあるMBA卒業証明書(Ten-Day MBA Diploma)が付いていることだ(全く意味はないだろうが)。これであなたもMBA?、何れにしてもMBAのエッセンシャルは10日で学べる良著である。

また、MBAを英語で学びたい日という人にもおオススメだ。というのも原書は英語、つまり英語版の「The Ten-Day MBA」を購入しそれと合わせて読むことで、英語での表現を含めて勉強できる。尚、このレビューを執筆している時点では日本語のアマゾンでも販売中であった。

■ 発刊日
原書の初版は、1993年。その後、改訂版が出版され第4版まで出版されているまさに名著。全世界で40万部以上も売り上げているという。日本では、第2版を元にした翻訳本が2002年にソフトバンククリエイティブより出版されている。現在は、第4版を元にした新板 10日で学ぶMBAが発売中である。

英語版を合わせて読むと海外MBAの準備にもなるだろう

関連記事

経営書、ビジネス戦略書の著名な著者といえば

経営書、ビジネス戦略書の著名な著者にはどのような方がいるのか? 今回はそんなテーマについて書かせてい

記事を読む

戦略的思考を学び、それを企業経営に活かしたいとお考えの方への良書:企業参謀

大前研一氏といえば日本が世界に誇るビジネスシンカー。 この大前氏は、マッキンゼー・

記事を読む

ビジョナリー・カンパニー

世界でも最も読まれている経営戦略書の1つである「ビジョナリー・カンパニー」シリーズ。

記事を読む

ザ・ゴール ― 最大のスループットを得るためにボトルネックを探せ

ザ・ゴールは一言で言えば、生産管理をテーマにしたビジネス小説である。いかに工場において

記事を読む

なぜ優良企業こそが衰退するのか – それがイノベーションのジレンマ

成功を収め、大きなマーケットシェアを持っている業界トップの優良企業。この企業が、保有するその優れ

記事を読む

イノベーション本はこれを読むべき:5冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

「イノベーション」、書店のビジネス書コーナーに行けばこのイノベーションという言葉があふれている。

記事を読む

エクセレント・カンパニー すごい企業の共通点をあぶり出す

エクセレント・カンパニー は、元マッキンゼーのコンサルタントであるトム・ピーターズ氏がか

記事を読む

経営書はこれを読むべき:10冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

世の中に経営戦略について解説したビジネス書、つまり、経営書は数多くある。その中で、古典とも言えるロン

記事を読む

なぜ日本企業は強いのか、それは知識創造企業だから

日本人による日本人のためのビジネス戦略の名著といえばこの「知識創造企業」がまずあげられる

記事を読む

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD THINGS 答えがない難問と困

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑