カリスマリーダーはもういらない? サーバントリーダーシップ – 真のリーダーシップとは

公開日: : 最終更新日:2013/12/24 組織・リーダーシップ論

リーダーシップと聞けば多くの人は「俺についてこい」という強力なカリスマ的なリーダーシップを思い浮かべるだろう。

成功者の自伝等を読めば、その人のカリスマ性が浮きだって見えることが多い。しかし、昨今のリーダーシップ論の研究では、それの真逆とも言えるこの「サーバントリーダーシップ」が、大きな影響を与えている。

「サーバーとリーダーシップ」とは、カリスマ型リーダーシップとは違い、組織がうまく動くように奉仕、関与するというリーダーシップの方法論である。

現在のビジネスシーンにおける「サーバントリーダーシップ」をまとめ、初めて世に出したのは、ロバート・グリーンリーフ氏。アメリカで権威的なリーダーシップがワークしない実体験から疑問を持ち、この研究に至ったとされる。

出版されたのは、1977年。アメリカでは特に権威的なリーダーシップ、カリスマ的なリーダーシップが重視されがちなアメリカ社会(強いアメリカ)で、非常に重要な概念として多くの人が影響を受けていると言われている。

そもそも、部下を引っ張る、もしくは、部下を率いると考えているリーダーは、リーダーと奉仕するという考え方は相容れないように感じるのも当然だろう。しかし、真のリーダーは、それに従うもの(部下)に信頼されてなくてはならない。そのためには、部下の悩みに共感し、成長を助け、彼らをガイドしなくてはならない。これは、奉仕する=部下の言いなりになるということではない、彼らの成長をビジョンを持って助けるのである。

大変むずかしいリーダーシップかもしれない、ただ、混沌とし、変化に飛んだ今の世の中に必要とされているリーダーシップのあり方なのである。

尚、「サーバントリーダーシップ」は非常に分厚くいろいろな内容を含んでいる。そのためよりわかりやすく学びたい方は、サーバントリーダーシップ入門がおすすめだ。

また、NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会のページにもさまざまな情報がある。

とにかく、不確実な世の中で出来るだけ多くのリーダーにその考え方を触れてほしいリーダーシップのあり方、それがサーバントリーダーシップである。

■ 発行日
アメリカでの発表は、1977年である。日本では、2008年に待望の翻訳本が出版された。

関連記事

不機嫌な職場 – 協力できないワケとは?

「関わらない」「協力しない」「助けない」という職場が増えているという。なんとなく雰囲気が

記事を読む

トヨタから育て方を学ぶ

もっと部下が働いてくれたら、、、 と思いながらも、現在の厳しいこのご時世では業

記事を読む

リーダーになる – リーダーシップ論の古典的名著

リーダーの仕事って一体なんだろう。非常に難しいテーマだ。 職場でリーダーが強調

記事を読む

仕事がつまらないと考えるあなたへ

日本では「サザエさん症候群」という言葉がある。これは、サラリーマンが、日曜日の6時半

記事を読む

すぐれたマネジャーはここが違う – まず、ルールを破れ

ギャラップ社。皆様も聞いたことがあると思われるが、このギャラップ社は、世論調査を実施

記事を読む

企業変革力 – 組織を変革する為に必要なこと

「企業の変革、組織の変革」、いま企業にもっとも求められていることだ。 これだけ変化

記事を読む

no image

馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある。 ただし、戦争も進化す

記事を読む

1分間マネジャー – 卓越したマネジャーになるための古典的名著

マネージャー論、日本で言えば、課長論を語ったビジネス書は実に多い。それだけ、人のマネジメ

記事を読む

活気あるチームの作り方は魚市場に学べ – フィッシュ!

フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方はアメリカで大ヒットになった組織、チ

記事を読む

自分の強みを見つけてビジネスリーダーとしてを成功しよう

このストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めようのポイントは明快だ

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑