武器としての交渉思考 – この交渉力が今必要だ

公開日: : 最終更新日:2013/12/24 仕事術・交渉術・思考方法

交渉術とすると何か人をだますというようなコワイ印象を与えがちだ。つまり、人の心理を読んで自由に動かすといったことだ。では、この交渉術を学ぶ必要はそもそもなぜ必要なのか? だますために必要なのか?

武器としての交渉思考」の著者、瀧本 哲史氏は、本書の最初に述べていることを要約すれば、交渉術の重要さがわかる。

現在あらゆる組織で、「王様と家来モデル」が崩壊している。これは簡単言えば今まで上司の言うことさえ聞いていれば成り立っていたが、現代の複雑な世の中でこのモデルが成り立たなくなっている。

そのような時代において重要なことは、「自分たちの手で自分たちで秩序を作りだすこと」が非常に重要になってきている。そのためには様々な人と合意しなくてはならず、そのための交渉が必要になるということである。

武器としての交渉思考では、合意できる範囲を見つけることの重要性、合意できる選択肢を見つけることの重要性など、様々な具体的な交渉方法について解説している。そして、5章には(この本では5時間目とよんでいるが)一番重要な「非合理な人間とどう向かい合うか」ということについても述べられている。

自分はいつも損しているという人には「武器としての交渉思考」は、是非ともおすすめのビジネス書ともいえよう。

交渉はめんどくさいものだと思っている人も多いだろう。しかし、これだけ複雑で流動的な世の中になってくれば交渉ごとは避けて通れない。それならば、交渉術の良書を読んで、交渉力を鍛えたほうが良いのではないか?

■ 発売日
2012年初版。

関連記事

トヨタから片付け術を学ぶ

片付け、仕事でも日常生活でも悩まされている人が多い問題だ。 そして、よく「机の

記事を読む

仕事の道具:おしゃれ電卓の決定版

どんなにタブレット端末が流行しても、いざというときにはやはり電卓である。 おしゃれ

記事を読む

ストレスをためないことが一番

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 – 今最も支持されている仕事術

GTDとは、Getting Things Doneの頭文字をとったもの。デビッド アレ

記事を読む

仕事の道具:仕事はペンから おすすめの多機能ペン

どれだけデジタル化進んだと行っても、ノートとペンに勝る筆記用具はないだろう。 あなたはペンに求

記事を読む

職場にいる苦手な人に対処する際に知りたいこと

どこの会社に転職しても、どこの営業所に転勤になっても、どこの部署でも「この人を苦手だな」と思う人は1

記事を読む

転職活動する前に知っておきたいこと

「転職」、今では誰もが避けられないキーワードであろう。 大手企業も経営環境の変化からリストラに

記事を読む

交渉術の名著・古典 – ハーバード流交渉術

ハーバード流交渉術と書くとなんとなく怪しい雰囲気がただよう。ハーバード式、パーバード流

記事を読む

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 – 仕事効率化プログラム(PEP)

この なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 の原題は「The Personal Effi

記事を読む

仕事の道具:ノータイスタイルで美しく見せるおすすめのワイシャツ

「なんだかんだいって、外見は重要」と説く本は多い。これは「朝の時間を活用しろ」や「メールは早めに返事

記事を読む

読書術:電子書籍のメリットとデメリット

毎月のように積み上がる本。本が所狭しと寝室に積まれている人も多いだろう。書斎を持つのが夢

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑