フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

公開日: : 組織・リーダーシップ論

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいないだろう。では、フォロワーシップはどうだろうか?

え?何?フォロワーシップって?」という人も多いのではないだろうか?

フォロワーシップとは、リーダーに従う人=フォロワーのあり方とも言えるもので、近い言葉で言えば、部下力というものになるだろう。

そして、リーダーシップに比べて、あまり馴染みがないフォロワーシップという考え方が、組織で今もっとも重要なのではないかと考えられる。なぜなら、上司よりも部下のほうが、人数も多く、また、実際に部下が実際の業務をこなしているからだ。

よいリーダーがいただけでは不十分だ。それを十分に支えられるフォロワーがいてこそ、組織が動くというものである。

」では、フォロワーシップに優れた人間として以下のように定義している。

「プロフェッショナル・フォロワー」とは・・・
自らの意思で、リーダーの方針に深く賛同し、
自ら積極的に率先して発言・行動し、
リーダーや同僚の弱みを陰でこっそりと補い、
リーダーの仕事を自ら引き受け、
リーダーを楽にする存在
(P62より)

と定義している。

あなたも是非、フォロワーシップを学び、組織を強くするのはどうだろうか?

■ 発売日
2011年に発売された。著者は、コンサルタントの小倉広氏。

関連記事

会社(組織)が理不尽だと感じだ時に読んでほしい2冊

会社(組織)が理不尽だと感じるときはサラリーマンであれば必ずと言っていいほどあるだろう。 そん

記事を読む

アジャイルなプロジェクトマネジメント手法とは

変化が激しい時代において、ますますスピードを保ちつつ変化に対応することが求められる。

記事を読む

1分間マネジャー – 卓越したマネジャーになるための古典的名著

マネージャー論、日本で言えば、課長論を語ったビジネス書は実に多い。それだけ、人のマネジメ

記事を読む

マニュアル化、仕組み化で業績アップを狙え – 無印良品は仕組みが9割

マニュアル化と聞くとイノベーションとは全く無縁なつまらない業務と考える考える人が多いだ

記事を読む

組織論本はこれを読むべき:10冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

多様なトピックをカバーしなくてはいけないのが、人・組織に関しての。そこで、バランスよく組織論本につい

記事を読む

東京ディズニーランドの人材育成術 – 楽しそうに働いている秘密とは

東京ディズニーランド、いつ行っても楽しい場所だ。そして、私たちだけでなく、 ・

記事を読む

仕事ができる上司は部下を潰す? – 部下を無責任にしないためには?

以下は会社でよく見るストーリーだ。 「現場でバリバリと成績を出し、管理職になっ

記事を読む

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだろう。いろいろなしがらみや常識

記事を読む

不機嫌な職場 – 協力できないワケとは?

「関わらない」「協力しない」「助けない」という職場が増えているという。なんとなく雰囲気が

記事を読む

カリスマリーダーはもういらない? サーバントリーダーシップ – 真のリーダーシップとは

リーダーシップと聞けば多くの人は「俺についてこい」という強力なカリスマ的なリーダーシッ

記事を読む

no image
悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

2015年3月 ビジネス書:ベストセラーランキング

「大切なことはビジネス書の名著から学んだ」にアクセスいただきましてあり

2014年4月 ベストセラーランキング

「大切なことはビジネス書の名著から学んだ」にアクセスいただきましてあり

起業を考える際に読みたい本:5冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

昨今、起業ブームだ。起業と言ってもどのようなビジネスをするかによって読

→もっと見る

PAGE TOP ↑