「 2010年代初版 」 一覧

経営戦略をわかりやすく俯瞰的に学びたい方へのおすすめ本

経営戦略本は数多くある。経営戦略もいろいろとある、バリュー・チェーン(競争優位の戦略)、ファイブフォース(競争の戦略)、リエンジニアリング革命、コア・コンピタンス、最近では、ブルー・オーシ

続きを見る

ギブ & テイク ではなく与え続けることで成功する

ギブ&テイク、つまり、「与えたら、頂く」、双方にバランスが取れた取引である。 このギブ&テイクを考えると人間間の関係は、3つのパターンが成り立つ。 ギブ&ギブ 何かを得よう

続きを見る

意外と会社は合理的、なるほど。

「官僚的な組織」と聞いてどう思うだろうか? 非効率、不正の温床、そんな印象を持つだろう。そこにいる人は、かなり業務効率が悪く、そして、ビジネスの結果も出にくい。そうお考えの方が(私

続きを見る

優れたリーダーの必須3要素とは

「ハーバード流ボス養成講座」とても刺激的なタイトルだ。 ハーバードビジネススクール関係者の著書の日本語版には特にハーバード流と付きやすい。ブランドに弱い(私も含めて)日本人向けに

続きを見る

権力を握る人の法則 – スタンフォード大学ビジネススクール教授が書いた出世術の本

真剣に出世したいか? と問われれば迷う人も多いだろう。この混沌とした時代で、果たして出世することが良いことなのか? というのは多くの人が考えることだろう。 出世して、同じ時間でより多

続きを見る

最高の経営判断からビジネスを学ぶ – ありえない決断

経営判断。判断した時には賛否両論、いや、否のほうが多かったかもしれない決断でも、歴史的に見れば素晴らしい経営判断は数多くある。 その中でもビジネス史で歴史に残るビジネスの決断の舞

続きを見る

トヨタから育て方を学ぶ

もっと部下が働いてくれたら、、、 と思いながらも、現在の厳しいこのご時世では業務は待ったなし。結局、部下に頼んだ仕事の一部を引き取ったり、いつも案件をクロージングする為に営業同行

続きを見る

トヨタから片付け術を学ぶ

片付け、仕事でも日常生活でも悩まされている人が多い問題だ。 そして、よく「机の上が汚い人は仕事ができない」と言われる。これは、なぜか?シンプルに考えても、机の上が汚ければ見つけた

続きを見る

東京ディズニーランドの人材育成術 – 楽しそうに働いている秘密とは

東京ディズニーランド、いつ行っても楽しい場所だ。そして、私たちだけでなく、 ・アトラクションごとにその雰囲気にテーマに完全にとけ込んでいる係員 ・どんな質問にも快く回答してくれ

続きを見る

実際にビジネスがどう動いているのか? ヤバい経営学

ヤバいという言葉でまず最初に思いついてしまうのが、ヤバい経済学。 経済学の常識を超える「ヤバいネタ」を統計的分析に基づいて解説した、経済学を面白くした世界的に大ヒットだ。 「ヤ

続きを見る

no image
悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

2015年3月 ビジネス書:ベストセラーランキング

「大切なことはビジネス書の名著から学んだ」にアクセスいただきましてあり

2014年4月 ベストセラーランキング

「大切なことはビジネス書の名著から学んだ」にアクセスいただきましてあり

起業を考える際に読みたい本:5冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

昨今、起業ブームだ。起業と言ってもどのようなビジネスをするかによって読

→もっと見る

PAGE TOP ↑