ビジネス教養

アメとムチのモチベーション理論からの脱却すすめ

投稿日:2013年11月18日 更新日:

アメとムチ、あまりいい意味では使われないが、「報酬を望み懲罰を恐れる」ということであろうか。そして、このアメとムチという考え方が、現代においてモチベーション(やる気)を考える際に根本にあると言っていいだろう。

アメ(つまりダイレクトな報酬) 成果を出したら給料上げてやるから頑張ってやれよ / いい子にしてればあめあげるよ
ムチ(つまりダイレクトな罰則) 成果が出なかったら首切るから頑張ってやれよ / 悪い子になるとおしりペンペンするよ

非常にシンプルであるが、多くの組織、多くのリーダーの頭の根底にあるモチベーションアップためのやり方がこの考え方だろう。

しかし、この「モチベーション3.0」では、このアメとムチ的な考え方で作られたモチベーションアップ理論をモチベーション2.0と定義し、それも前時代的なものであるとしている(もちろんこれが現在でも機能するところもあるだろうが)。

そして、現代においてモチベーションを上げるためには新しいやり方、モチベーション3.0が必要であり、人間の動機づけ(モチベーションを上げる)には、アメとムチ(つまり、報酬と処罰)ではなく、人間の根底にある「学びたい、創造したい、世界をよくしたい」というモチベーションの源を刺激することが重要であるとしている。

このモチベーション3.0を実現するための3つの要素があるとしている。
自律性 自由に自律的(主体的、主導権、自己決定を持って)に仕事をできることがモチベーションアップにつながる
マスタリー(熟達) 積極的な関与により物事に熟達(習得し精通すること)することがモチベーションアップにつながる
目的 目的こそがモチベーションアップにつながる

モチベーション3.0」の原題は「Drive: The Surprising Truth About What Motivates Us」であり、直訳すれば「動機付ける:モチベーションを与えるための驚くべき真実」となるのではないか?

是非、周りの人がモチベーションが低いと感じる時や、自分自身がモチベーションが低いな感じた時も読んでほしい本である。

■ 発売日
モチベーション3.0」の原書「Drive」は2009年にアメリカで発売されベストセラーとなった。2010年のアマゾン・ドット・コム(アメリカ版)の総合ベストセラーランキングで41位となっている。

-ビジネス教養
-

執筆者:

関連記事

失敗から学べ – 米国IT企業の歴史から学ぶ成功の法則

ロングセラーなビジネス書として「失敗の本質」という本がある。日本を代表する経営学者である野中郁次郎氏も共著者として名をつらねるこの本は、第二次世界世界大戦中の旧日本軍の組織的な行動、決断過程の問題点な …

神秘的な企業:レッドブルの秘密に迫る – レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

レッドブルは謎に満ちた雰囲気がある。レッドブルは実にメディア露出が多い。F1でのレッドブルチームを初めとして、さまざまなエクストリームスポーツをサポート、そして、いろいろなイベントを開催している。 そ …

流行は小さなきっかけからうまれる – ティッピングポイント

ティッピング・ポイントは、既に古典的なビジネス教養本と言えるだろう(現在日本では、急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則として販売されている)。口コミや流行という非常 …

行動経済学が明かす、不合理な消費行動

行動経済学という分野がある。実際の消費者の行動を観察することで人間がどのように選択・行動するかを明らかにしようとする分野だ。 従来の経済学では、人間は経済合理性に基づいて選択・行動するものだという前提 …

実際にビジネスがどう動いているのか? ヤバい経営学

ヤバいという言葉でまず最初に思いついてしまうのが、ヤバい経済学。 経済学の常識を超える「ヤバいネタ」を統計的分析に基づいて解説した、経済学を面白くした世界的に大ヒットだ。 「ヤバい経営学: 世界のビジ …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。