経営戦略

マネジメントとは何か? – マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則

投稿日:2013年12月24日 更新日:

ピーター・ドラッカー氏といえば、日本で最も人気がある経営学者の一人である。「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のヒットにより、その熱はまた高まったといえよう。

そして、その女子マネージャーが読んだのが「マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則」である。この本は、1974年にアメリカで発行されたドラッカー氏の大作「マネジメント-課題、責任、実践」の抄訳したものである。

この本ははビジネス書とも定義できるが、どちらかと言えば経営哲学書といったほうが近いだろう。論じてるテーマは、マネジメントとはないか?企業とはなにか?仕事とはなにか?という実に壮大なテーマである。

テーマは多岐に渡るが、以下に抄訳を要約したものをいつくか載せさせていただくと、

マネジメントの3つの役割
・自らの組織に特有の使命を果たすために存在する。
・仕事を通じて働く人たちを生かす。
・自らが社会に与える影響を処理するとともに、社会の問題についても貢献する

マネージャーの仕事
マネージャーには2つの役割がある。
・投下した資源の総和よりも大きなものを産み出す生産体を創造することである。
・ただちに必要とされているものと遠い将来に必要とされているものを調和させていくこと

マネジャーの資質
真摯さである。愛想良くすること、人を助けること、人付き合いを良くすることで十分なはずがない。

のようなものである。非常に哲学的ではあるが多くの基本を教えてくれるのがドラッカーの「マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則」なのである。

かなり哲学書ぽくあるが、是非ともチャレンジしてほしい一冊である。尚、ドラッカー氏は、2005年に死去している。ご冥福をお祈りしたい。

■ 発売日
この本の原著は「Management: Tasks, Responsibilities, Practices」である。1974年にアメリカで発売された。

大ヒットした本だけに原著も日本のアマゾンから購入できる。

-経営戦略
-

執筆者:

関連記事

イノベーションとマネ(模倣)の新しい関係

イノベーションと聞くと全く新しい概念を作り上げるという印象を受ける。その一方で、模倣というとイノベーションと正反対のイメージである。 しかし、本書「コピーキャット: 模倣者こそがイノベーションを起こす …

起業したい人におすすめの100万部超のベストセラー – 初めの一歩を踏み出そう

新しい会社はなかなか成功しない。 多くの人が同意する意見だろう。しかし、現実にはメディアなどで成功した起業家が大きくクローズアップされ、世の中に流れる情報としては成功した起業家のほうがかなり多い。その …

エクセレント・カンパニー すごい企業の共通点をあぶり出す

エクセレント・カンパニー は、元マッキンゼーのコンサルタントであるトム・ピーターズ氏がかつて同僚であったロバート・ウォーターマン氏と書いたビジネス戦略本であり、今も伝説なビジネス戦略本だ。 発行は今か …

ビジョナリー・カンパニー – ケイパビリティ派の指針

世界でも最も読まれている経営戦略書の1つである「ビジョナリー・カンパニー」シリーズ。その第1作目は、1994年に発売された(原著の発売年)「ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則」である …

優良企業が衰退した共通の理由とは – ビジョナリー・カンパニー 3 衰退の五段階

全部で4作出版されているビジョナリー・カンパニー シリーズ。1作目、2作目、4作目は成功する企業の共通項を法則を導き出した経営戦略書である。 それに対して、この3作目「ビジョナリーカンパニー3 衰退の …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。