ビジネス書ランキング

2014年1月 ベストセラーランキング

投稿日:

大切なことはビジネス書の名著から学んだ」にアクセスいただきましてありがとうございます。今月からこのサイトを通じて売れた本がどのようなものがあるかランキングを発表させていただきたく思います。

「大切なことはビジネス書の名著から学んだ」
2014年1月のベストセラーランキング:
1位:「原因」と「結果」の法則
2位:完訳 7つの習慣 人格主義の回復
3位:人を動かす 新装版
4位:自分の小さな「箱」から脱出する方法
5位:ハーバード流交渉術 必ず「望む結果」を引き出せる!

2014年1月のランキング総評:
今月は自己啓発本が上位を占めた。以下のラインナップを見ていただいてもわかるが、自己啓発本の正当派ともいえるロングセラーがそのまま並ぶ結果となった。

1位「原因」と「結果」の法則は、原著は1902年発行された、現代の自己啓発本の原点とも言えるもの。著者は、ジェームズ・アレン氏である。「自分の周りで起こっている事実は、自分の行動の結果である」というシンプルな真理を学べる本である。常にベットルームの本棚にキープしておきたい(=時々読み返したい)自己啓発本だろう(詳しい書評は、”「原因」と「結果」の法則 – 全ては自分から”を参考に)。

2位、3位にもそれぞれは、自己啓発本領域でのロングセラーが2冊ランクインしている。

ここでおすすめなのは、どうしてもビジネス書が苦手という人には、この1位から3位までのヒット本には、マンガバージョンも出版されていることをお知らせしたい。それは、「コミック版 「原因」と「結果」の法則」、「まんがでわかる7つの習慣」、「劇画でわかる こうすれば必ず人は動く」である。

4位は、いわゆる「箱から出る」という言葉をヒットさせた本でもある、自分の小さな「箱」から脱出する方法だ。特に人間関係にお悩みの方にはおすすめの本と言えるだろう(詳しい書評は”人間関係でお悩みの方へ、まずは自分から行動しよう – 自分の小さな「箱」から脱出する方法”を参考に)。

5位は、交渉術の名著、ハーバード流交渉術 必ず「望む結果」を引き出せる!がランクインした。ハーバード流とは書いてあるが、特にアメリカンな形の交渉術というわけではない。日本でも十分使える交渉術を紹介している(詳しい書評は”交渉術の名著・古典 – ハーバード流交渉術”を参考に)。

尚、ランキングは該当月においてこのサイトを経由してアマゾン(amazon.co.jp)で販売した冊数を元に算出している。もし、同じ冊数が売れた場合は、該当期間にこのサイト上でより多くアマゾンへのリンクがクリックされたものを上位に表示している。

今回紹介した人気のベストセラー自己啓発書をマンガで読む

■「原因」と「結果」の法則

■ 7つの習慣

■ 人を動かす

-ビジネス書ランキング

Copyright© 大切なことはビジネス書から学んだ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.