マーケティング

おすすめのマーケティング入門書 – コトラーのマーケティング・コンセプト

投稿日:

「近代マーケティングの父」とも称されるフィリップ・コトラー教授。コトラー教授は、世界で最も有名なマーケティング研究者だろう。

そのコトラー氏が、現代のマーケティングにおいて、重要だと考える80項目について、1項目づつ簡潔に解説するのがこの「コトラーのマーケティング・コンセプト」だ。おすすめのマーケティング入門書としては鉄板の本である。

内容についても、広告、コミニケーションとプロモーション、カスタマー・リレーションシップ・マネジメント、ポジショニングといった私達が一般的に考える「マーケティング的なもの」から、社員、利益、品質といったビジネスに関する幅広い領域を扱っている。

そもそも、日本において「マーケティング的なもの」と言って連想される業務範囲は小さいすぎると感じる。例えば、宣伝広告や販促がマーケティングと考えている人もいるのではないか?

コトラー教授は、この「コトラーのマーケティング・コンセプト」中では、マーケティングは以下のように定義されている。

「マーケティングとは、充足されていないニーズや欲求を突き止め、その重要性と潜在的な収益性を明確化・評価し、組織が最も貢献できる標的市場を選択したうえで、該当市場に最適な製品、サービス、プログラムを決定し、組織の全成員に顧客志向、顧客奉仕の姿勢を求めるビジネス上の機能である」。

簡単に言えば、マーケティングの役割とは、たえず変化する人々のニーズを収益機会に転化することである。(本書P5)

つまり、マーケティングの範囲は実に広いのだ。

原著のタイトルは、「Marketing Insights from A to Z: 80 Concepts Every Manager Needs to Know」であり、直訳すれば「マーケティング洞察力、AからZまで:すべてのマネージャーが知るべき80のコンセプト」というものであり、この本は、マーケターのみを対象にした本ではない。

すべての人がマーケティングマインドを持たなくていけないと現代ビジネスシーンにおいて、この「コトラーのマーケティング・コンセプト」は、まさに正しいマーケティング入門書といえるのではないか?

■ 発売日
原著「Marketing Insights from A to Z: 80 Concepts Every Manager Needs to Know」は2003年に発売された。

-マーケティング
-

執筆者:

関連記事

究極のセールスマシン – 売上を上げたいすべての人へおすすめの1冊

売上が足りない。ほぼすべての企業の営業に関連する人が抱える悩みだろう。 そこでどうするか? 気合で営業に回る、死ぬ気で営業する、と気合論に走る人も多いかもしれない。そういう人には先月末の事を考えてほし …

値段ひとつで儲かるカラクリ – 価格戦略の謎を解き明かす

価格戦略。この価格戦略を簡単に一言で言えば「価格をいくらにするれば利益が最大になるのか?」ということだ。 この簡単な質問に関する答えは実に難しい。実際に、マーケティング、ブランド、企業戦略などについて …

ハイパワー・マーケティング – 儲けるためのマーケティングの基礎が1冊に

マーケティング、もしくは、ダイレクトマーケティング関連の本として、今回紹介している「ハイパワー・マーケティング」は、非常に有名な本である。著者の米国の有名なマーケティング・コンサルタントであるジェイ・ …

パーミッション・マーケティングとは

インターネット誕生からさまざまなマーケティングコンセプトが生まれたが、その中でも有名なものに「パーミッション・マーケティング」がある。 このパーミッション・マーケティングを提唱したのは、この本「パーミ …

4つのブランドを立て直した 八方塞がりを打破するマーケティング

「4つのブランドを立て直した 八方塞がりを打破するマーケティング」の著者は、欧州系ラクジュアリーブランドの社長を歴任した、高倉豊氏。 高倉氏は、ジバンシーの化粧品部門を日本で躍進させた人物としても知ら …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。