転職ではなく転職活動を薦めるわけ

詳しくはコチラ

注目コンテンツ

転職FAQ

ベストな転職活動スタートのタイミングっていつですか?

答え:自分が自分が心の底から働きたいと思える企業から理想的な求人票が出たときに転職活動を本格化させるべき。 転職タイミングといえば、自分の今の仕事にキリがつくまでとか、あと今の会社で最低でも5年やってから、というような自身のキャリアプランを中心に考えている人が多いと思う。そして、その自分自身が設定したタイミングの6か月前ぐらいからスターするのが理想という結論に落ち着くのではないか。 このような自分が決めたタイミングで転職をするという考え方はなかなか現実的には難しい。比較的に募集が多い20代中盤までの転職で ...

詳しくは >

転職FAQ

転職回数が多いのは問題か?

答え:純粋な転職回数より現職で何をやっているか?過去の社名の重要だと思います。 転職をする際には、 現職で何をやっているのか? たくさんある所属企業がどこなのか? が、転職回数よりも重要なるのではないか。 ちなみにタケボウは6回転職してます(苦笑)。 「転職回数が少ない人=正しい」という価値観だけではない 例えば、私(やその周りの人)が転職活動でレジュメをスクリーニングする際には、何ができるか?を最重要視して、転職回数を足切りの基準にしない。 採用においては、理想論が先行してスクリーニングの基準を高く設定 ...

詳しくは >

転職FAQ

転職エージェントに会ったらガンガン転職を薦められるのでしょうか?

答え: あなたが転職できる人だと転職エージェントが考えたらガンガン転職は薦められます。 まずは、転職エージェントに会ってみて希望を伝えて、どのくらいガンガン転職を薦められるかを体感してみるのが良いのではないか? 転職エージェントに会うと、どんどん転職を薦められて自分の意志が関係なく物事が進みそう、なんか怖いというビジネスパーソンもいると思う。 あれよあれよという間に面接に、内定、入社となってしまい、断りにくい状況になってしまうということだ。実際にどうなんだろうか? 薦められるかどうかはあなた次第 転職エー ...

詳しくは >

転職FAQ

私は次の職場で活躍できるでしょうか(転職してもやっていけるのでしょうか)?

答え:やってみないとわからないが、あなたが、 転職対応力1:その業界知識があり (もしくは学習スピードが速く) 転職対応力2:柔軟性があり 家族の環境:家族のサポートを受けられる の3つにYesであったら、転職しても成功できるのではないか。 この質問をもっとダイレクトに言えば「転職したほうが給料アップできるか?それとも今の環境にとどまっている方が結果的に給料が多いのか?」ということ。 この記事では、あなたが転職したら成功できるか?次の職場で活躍できるビジネスパーソンなのか考えていきたい。 目次: 1. 本 ...

詳しくは >

転職FAQ

転職したら年収ダウンするものでしょうか?

答え:統計的には年収アップする確率が高い。転職すると給料が下がるというのは神話のようだ。 当たり前であるが、リスクを背負って転職するからには、給料はそれなりに上がらないと、、、と考える人も多いだろう。 転職と年収の調査結果によると調査結果によると リクルートワークス研究所という団体が、 全国就業実態パネル調査*1なかで、転職して年収がアップしたか?ダウンしたかを調査している。その調査によると 正規雇用の職員 -  年収は上がったか?25歳から34歳  上がった 44.1%  変わらない 23.4%  下が ...

詳しくは >

転職FAQ

いったん退職して転職活動をやるのはどうでしょうか?

答え:転職活動は基本的に在職中にやり、次の仕事を見つけてから退職するが基本です。退職してから転職活動をするのはお勧めしません。 転職活動には膨大な時間がかかる。履歴書を書いたり、職務経歴書を書いたりするだけでなく、時間を調整して面接を受けに行かないといけない。そこで必ず出てくるのが「仕事が忙しくて、転職活動の時間が捻出できない」という悩みである。 で、出てくるアイディアは退職して転職活動に専念しようということだ。ただ、どんなことがあっても退職するべきではない。転職活動は在職中にやるものである。 その理由を ...

詳しくは >



転職活動のはじめ方

転職の進め方

転職活動の始め方 40代編

40代で転職するというのはかなり難しい印象がある。ただし、昨今では、この40代の転職が盛り上がっているとも聞く。40代の転職、どのように成功させていけば良いのか? 目次: 1. 35歳転職限界説 2. 40代の転職者にニーズがあるのは? 3. 転職者はこうやって転職先に出会った (調査より) 4. エリート転職に挑戦 5. 現実も把握しよう 1. 35歳転職限界説とは 誰が言い出したかわからないが、35歳転職限界説、つまり、転職活動の限界は35歳という説がある。これは、35歳を超えると納得のいく転職ができ ...

詳しくは >

転職の進め方

転職活動の始め方 20代編

一斉に周りも動き始める就職活動と違い、転職活動は各個人のタイミングでスタートする。そのため、十分な情報交換が行えずに「どのようにして良い転職先を見つければ良いのか?」がよくわからない人も多いと思う。 特に20代で転職する人は「初めての転職」だろう。大まかな転職活動の進め方は以下の通りだ。 一般的な転職活動の進め方:1. 書類の整備 - 履歴書、職務経歴書を書く2. 転職エージェントに行く、インターネットで情報を集める等、転職先案件情報を収集する3. 応募する、面接を受けに行く4. 内定をもらい条件交渉をす ...

詳しくは >

転職の進め方

とにかく転職活動を始めよう

とにかく転職活動をスタートさせることがおすすめだ。実際に転職するかはそれから決めればいい。 1. 転職活動を開始してもデメリットはない そもそも、転職がしたいと少しでも思うのは、現業への不満や将来へ不安があるからだろう。 そして、「隣の芝生は青く見える」ということわざがあるように、転職するとバラ色の生活が待っているように思える。 それであれば、本当に隣の芝生は青いのかをちらりと観察しに行ったらいいんじゃないかというのが、このサイト主張だ。 転職活動をするのに特に費用はかからない。もちろん、がっつりと転職活 ...

詳しくは >

転職の進め方

無職になったら、税金(住民税)、健康保険、年金でお金がかかりますよ

無職になったら失業保険が出るし、失業保険をもらいながら転職活動をしようと考えているあなた。あまい。。。 今まで仕事をしていたビジネスパーソンが、無職になった瞬間襲ってくるのが健康保険、年金と税金の支払い問題。今まで、会社が自動的に天引きしてくれるため全く意識してなったという人も多いのではないか? この記事は、無職になった時の教科書として、サラリーマンが無職になると考えなくてはいけない健康保険、年金と税金とその大まかな金額感をまとめた。厳密な金額は年収や家族構成によって異なるのであくまでも感覚をつかむ参考値 ...

詳しくは >


© 2022 転職のすすめ Powered by AFFINGER5