転職力アップで楽しいサラリーマンライフを

転職のすすめ

転職の進め方

在職中? 退職後? 転職活動をスタートすべきタイミング

更新日:

転職活動には膨大な時間がかかる。
在職中に時間を見つけるのは大変だ。
しかし、会社は辞めてはいけない。

転職活動には膨大な時間がかかる。履歴書を書いたり、職務経歴書を書いたりするだけでなく、時間を調整して面接を受けに行かないといけない。そこで必ず出てくるのが「転職活動の時間が捻出できない」という悩みである。

ただしとにかく退職するべきではない。その理由を4つを解説したい。

目次:
理由1: 退職する(無職になる)と精神的に追い詰められ正しい判断ができなくなる
理由2: 無職になってもさほど有利になることもなく不利になる場合もある
理由3: 短期決戦ではなくて長期的にやったほうが良い仕事が見つかる可能性が上がる
理由4: 無職になると収入がなくなるが、税金&社会保険は支払わないといけない。つまり、とにかく金銭面での大変な状況になる

コラム: 仕事が辛すぎて、、、という場合は、まずは休んだほうがいいのではないか?
コラム: もうやめてしまったという方、リストラされてしまったという方も大丈夫です

結論として: 在職中? 退職してから? を考える上でのお勧めの本はこれだ


理由1: 退職する(無職になる)と精神的に追い詰められ正しい判断ができなくなる

仕事があれば最悪その仕事を続けることもできる。ただし、無職になるとどこかから仕事を取らなくてはいけない。つまり、良い転職ができなくなる可能性は高い。


仕事があれば最悪その仕事を続けることもできる。ただし、無職になるとどこかから仕事を取らなくてはいけない。つまり、良い転職ができなくなる可能性は高い。

仕事がないというストレスは、リストラされた人にしかわからないが、想像以上なものがある。今まで、朝会社に行って、嫌な仕事をして、帰ってくる。これでサラリーマンは多くの安心感を得ている。

もし、あなたが自由人や起業家であれば、このページを読む前に、会社を辞めているはずである。自由は素晴らしいものであるが怖いものでもある。

理由2: 無職になってもさほど有利になることはさほどなくなく不利になる場合のほうが多い

これほど転職が一般的になった今、在職中に転職活動をしていることが不利になることはない。もし、それが不利になってしまったらそもそも転職市場は存在しないことになる。

「退職してから転職活動するなんて決意が決まっている」と思う面接官もいると思うが、企業があくまでほしいのは「今の職場環境に適合してがんばって働いてくれる人」である。無職であろうが、在職中であろうが、そこは関係ない。

もちろん、無職になれば気兼ねなく、いろいろなところに面接がいける。1日に2回だって面接を受けることが可能だ。転職活動に時間を有意義に使えるようになる。確かにそうである。

ただ、在職中でも有給は使える。更にそもそも、1日に2社も受かるほど書類選考に受かっているのであろうか?書類選考の通過率は20%だとする。1日、2回面接を受けるとすると、2社÷20%=10社、1日当たり10社づつ応募していかないといけない。

100社書類選考しても、面接が受かるのは20社、1日、2回、面接を受けたとしたら、10日ですべての面接が受けられることになる。その自由は本当に必要だろうか?

その上、万が一、転職活動が長引き無職期間が長引くとする。そうするとあなたは、転職マーケットで、仕事が決まらない人と見られる可能性が高い。

無職期間が1か月から3か月であればそれをほど気にする人はいないとされるが、それが4か月、そして、6か月となると、在職中だったら合格したかもしれない、希望の転職はできないことになる。

唯一、無職のほうが有利なのは「退職済だとすぐに入社してもらえる」ということ。企業はすぐに働ける人が欲しい。ただ、求職者から見れば、そんなにぎりぎりで運営している企業は、、、ということになる。


理由3: 短期決戦ではなくて長期的にやったほうが良い仕事が見つかる可能性が上がる

時間がないのであれば、長期的にやればいい。

企業のほうも求人をどんどん出てくる。長期的に考えていったほうが良い仕事に巡り合う可能性が高い。今、求人が出てなくても来月求人が出る可能性があるからだ。

そもそも、どうしても転職しないといけない理由というのは、現在の職業をクビになった=リストラされたぐらいなもので、後は、今までやってきた仕事を続けていけば良いのだ。

理由4: 無職になると収入がなくなるが、税金&社会保険は支払わないといけない。つまり、とにかく金銭面での大変な状況になる。

転職活動するだけならばお金はかからない。交通費ぐらいなものだ。

ただし、無職になっても、社会保険や税金は支払わなくてはならない。収入が絶たれたところで生活費は変わらない。

つまり、生活費+社会保険と+税金ということで、無職になったことで生活費が上がるのだ。

これらの支払いが重くのしかかってくることになる。貯金がある人ならばいいが、とにかく収入を絶やさないことが重要だ。

詳しくは「転職、リストラによる無職になる直前に読みたい税金&健康保険の話:無職の教科書」を参考にしてほしい。

仕事が辛すぎて、、、という場合は、まずは休んだほうがいいのではないか?

今の会社は耐えられない。会社に行きたくない。こういった場合、「1回辞めて休んでから転職活動したい」と考える人も多いと思うが、その考え方には否定的だ。

この場合は、1回、休職するのが最も適切だろう。

2006年の大ヒットのコミックエッセーに「ツレがうつになりまして」がある。この本では、マンガ家の夫であるエリートサラリーマンが、リストラ等で人員不足に職場で頑張りすぎて、うつ病になったという実話を元にしている。

壮絶な闘病生活をコミカルに描かれているこの本。この 「ツレがうつになりまして」 は、 75万部の大ヒットとなりうつ病に大きな注目を集めるきっかけとなった。

なお、 「ツレがうつになりまして」 では、主人公はうつ病に理解がない会社のため退職を余儀なくされている。 しかし、昨今では、会社はうつ病にもついて非常に理解がある。下手に辞めて休む必要もなく、転職よりもとにかく休職して様子を見るのがいいのではないか。

映画版 「ツレがうつになりまして」 は、堺雅人と宮崎あおいのキャスティングで2011年に公開され、興行収益 8.6億円のスマッシュヒット。宮崎あおい は、この映画で、 第35回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞を受賞している。 是非ともうつになる前に見てほしい。

この映画「ツレがうつになりまして。」は、アマゾンプライム会員ならば無料で見ることができる。 また、プライム会員は30日間無料で試すことができる。


もうやめてしまったという方、リストラされてしまったという方は?

焦ることがない。日本には仕事があふれている。安心してほしい。あなたを求めている会社は必ずある。

まずは、転職面接本をよくよく読んで、成功する転職活動をすればよいだけと割り切って頑張ってほしい。また、「転職、リストラによる無職になる直前に読みたい税金&健康保険の話:無職の教科書」 を読んで、国や自治体が用意している制度をフルに活用してほしい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

タケボウ

華麗な?転職歴を誇る「転職のすすめ」のオーナータケボウについては こちらから。サイトのコンセプトはこちらからご覧ください。

-転職の進め方

Copyright© 転職のすすめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.