転職力アップで楽しいサラリーマンライフを

転職のすすめ

転職面接対策

転職面接基本質問対策: 自己PR、転職理由、志望動機

更新日:

転職活動で最も重要なのが「面接」である。その面接の最初のパートは「自己紹介=経歴の説明+転職理由+志望動機」で成り立っている。そして、この「自己紹介=経歴の説明+転職理由+志望動機」で合否の8割が決まるといわれている。

つまり、面接の最初のパートで面接官を納得させることができれば、合格率は飛躍的にあがる。逆に、このパートで面接官を納得させることができなければ、ここからのリカバリーは非常に難しいものとなってしまう。

とにかく重要な「自己紹介=経歴の説明+転職理由+志望動機」という言葉を分解し、実際面接でどのように答えていけば良いのかを考えていこう。

目次:
1. 自己紹介=経歴の説明は網羅的である必要ない?
2. 転職理由の作り方とは?
3. 志望動機は何を話せばいいのか?
4. この1+2+3の関連性を理解する

1. 自己紹介=経歴の説明は網羅的である必要はない?

自己紹介=経歴の説明は、自分の職歴&業務の内容をわかりやすく説明すれば良いということではない。応募している職種を自分に任せたら成功しそうな根拠を伝えることに注力しなくてはいけない。

例えば、1社目はサポート職で5年、2社目は営業職で3年、働いているとする。もし、あなたが営業職種で仕事を受けているのであれば、営業職つまり2社目での話を中心に話していくべきである。もし、サポート職種で応募しているのであれば、1社目の仕事の話を中心にすればいい。

要は、あなたが「その仕事ができる」ということを相手が納得してくれればいいわけだ。つまり、網羅的に伝える必要はなく、応募する職種に合わせて強弱をつけていくということである。

それでは、あなたが経験したことがないこと、例えば、マーケティング職に応募していたとしよう。その場合は、1社目と2社目のなかでマーケティングに関連すると考えられる点をピックアップして話せばよい。

中途採用は、第2新卒を除き、企業は「即戦力=業務がこなせる経験を持った人」に来てもらいたい。また、応募者も、新卒採用とは違い、職種&業務内容が絞られているので、そこに照準を合わせて話していくべきだ。

尚、業務内容は応募要項に書かれている。とにかく応募要項に何度も何度も読み、どんな業務かのイメージを膨らませて、それに向けて自己紹介を組み立てていくのが良いだろう。

キャリアの軸をぶれないようにする:
ずっと同じ業界で同じ職種でやってきた人は関係ない。ただ、サポート職と営業職など複数の職種や、食品業界と医療業界など違った境界を経験している人も多いだろう。こういう人は、自分の職歴には一貫性があるというストーリーを作って話すことが重要だ。

1社目はサポート職、2社目は営業職のように、職種が変ることはよくあることだ。業界が変わることも今の時代珍しくはない。そして、その理由も様々だろう。

しかし、ここは「自分がこういうキャリアビジョンに基づいて決めた」という理由を発見する必要がある。そして、よくよく考えてしっかりと選択したことをアピールするのがよい。

そうしないと「取り急ぎ転職活動しているからすぐに辞めるかも」という印象を与えかねないし、その場合は面接通過率は低くなる。

2. 転職理由の作り方とは?

なぜ転職するかの理由は、人によって様々だろう。しかしながら、一般的に、上司がムカつく、会社の将来性がない、休みが少ない、給料が安い等々、ネガティブな理由になることが多い。ただ、そこはぐっと抑えて「自分がやりたいことが今の環境では実現できない」という方向で転職理由を整理する必要がある。

例えば、上司がムカつく=今の会社でこのような提案をしたがなかなか受け入れてもらえない、というような形である。

転職するということは、何らかの理由で、今の仕事に満足していないことなので、すごく前向きに転職理由を語るのはおかしい。ただし、後ろ向きに話すことはおすすめできない。

なぜなら、転職は、自分という商品を売出す活動だ。ネガティブな営業は物は売れない。とにかく、ネガティブなことでも、ポジティブに物事を捉えて語る費用がある。

嘘はつく必要はない。なぜなら、転職するということは、今の職場に満足してないことの表れであることは、誰もが知っている前提条件である。あくまでも、物事を前向きに語る必要があるだけだ。

3. 志望動機は何を話せばいいのか?

志望動機は「その企業でしかできないオンリーワンの志望動機」を考える必要がある。

ただし、難しく考える必要はない。応募する企業のホームページを見れば、その企業が自慢したいことが会社概要や採用ページに大きく書いてある。それと、もともと自分がやりたいことと合わせて考えてみればいいだけだ。

例えば、、、「御社には社内で新規事業提案制度がある。そして、実際に画期的な新規事業も生み出している。新事業制度を持っている会社でもこのように結果を出している会社は知る限り御社しかない。私は提案型の人間なので、このような画期的な提案が受け入れられる企業で働きたい。」というようなイメージである。

企業が新規事業を生み出したいと考えていれば、必ずホームページの採用ページにそのことが書いてある。入社しなくてとも、その企業に働いている人に聞かなくとも、ホームページを見ることで企業の自慢したいポイントが容易にわかるのである。

4. この1+2+3の一貫性を調整する

ここまで読んできて、「自己紹介=経歴の説明+転職理由+志望動機」は、つながっていることがわかるだろう。いや、繋げていかないといけないのだ。

(3. 志望動機)自分にはやりたいことがある。(2. 転職理由)それは御社でしか実現できない。(1. 自己紹介)そのためには今まで準備してきた。

このストーリーでロジックエラーが起これば、この最初のパートはクリアーできない。ロジックエラーが起きれば「あの人は何がやりたいかわからない」、「弊社の求める人物像と違う」、「弊社で働いてもらうのにはもったない人」など、表現は違うが、面接が通過できないというフィードバックが返って来てしまうのである。

つまり、今までの流れに沿って考えた文言を、3、2、1と並べてみて、論理的になっているか確認してみて、もし、ロジックエラーがあると考えられるのであれば調整する必要があるだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

タケボウ

華麗な?転職歴を誇る「転職のすすめ」のオーナータケボウについては こちらから。サイトのコンセプトはこちらからご覧ください。

-転職面接対策

Copyright© 転職のすすめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.