仕事術・交渉術・思考方法

職場にいる苦手な人に対処する際に知りたいこと

投稿日:

どこの会社に転職しても、どこの営業所に転勤になっても、どこの部署でも「この人を苦手だな」と思う人は1人はいるだろう。その人が自分の上司で合ったらもう最悪である。

そんな苦手な人に対処するためには、どうすればいいのであろうか?

大きく分けてたら2つしかアプローチはないだろう。
アプローチ その1:苦手な人と徹底的に向き合って会話をして良い関係を築く
アプローチ その2:苦手な人をできるだけ避けて自分がエネルギーを吸い取られるのを避ける

どちらにしても大変であるが、ここで2冊の良書を紹介したい。

1冊目:ダイアローグスマート 肝心なときに本音で話し合える対話の技術

原書は「Crucial Conversations」であり、非常に難しい局面での会話術といったことである。

この本では、会話の戦略的に実施していくこと(見る聞く→ストーリーを作る→感じる→行動するという流れを通じていくこと)で「共有の思いのプール」を作る。つまり、共有の理解の作る重要性を語っている。

ただし、そこに行き着くまでには、攻撃や回避、暴力と沈黙など様々な障害を取り除かないといけない。そして、とにかく相手との対話(ダイアローグ)を非常に重視することも重要だ。

是非とも一読をすすめる。英語版は200万部の大ベストセラーだ。この本は、アプローチ その1で非常に役に立つビジネス書だ。

[amazonjs asin=”4779006228″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ダイアローグスマート 肝心なときに本音で話し合える対話の技術”]

2冊目:あなたの職場のイヤな奴

アプローチ その2を選択しようとすると何か自分がコミュニケーションをあきらめているように感じるかもしれない。そこでオススメなのがこの本「あなたの職場のイヤな奴」だ。

このダイレクトなタイトルから、何やら怪しげな本を想像しがちだが、この本は、スタンフォード大学教授のローバート・I・サットン氏が書いたビジネス書。もともとのこの本が生まれたのは最も権威がある経営戦略雑誌とも言える「ハーバード・ビジネス・レビュー」に氏が投稿したエッセイ「こんな奴らは百害あって一利なし!」の反響の大きさからだそうだ。

原書の題は、もっと過激で「The No Asshole Rule」である。この「asshole」とは、ケツの穴、そして、すごくイヤな奴、くそったれという軽蔑表現の意味もある。つまり、直訳すれば「くそったれ禁止ルール」ということで、ビジネス書としては過激すぎるほど過激なタイトルだろう。

この本では、職場にくそったれをはびこらせないルール作りや、あなた自身のくそったれ度チェック、そして、職場にいるくそったれから身を守る護身術などを紹介している。

アプローチ その2を取る際にはかなり参考になるだろう。

[amazonjs asin=”4062141361″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”あなたの職場のイヤな奴”]

いずれにしても、実際に対処する際には、アプローチ その1とアプローチ その2をうまく組み合わせて行く必要がある。クソッタレに囲まれている皆様、健闘をお祈りする。

-仕事術・交渉術・思考方法

執筆者:

関連記事

論理的に考える&表現する技術を学ぶ為におすすめの本:ピラミッド原則

自分の考えを人に説明するというのは実に大変な作業である。 そもそも自分の考えをどうやってまとめていいのか? そのうえでそれをどう表現していけばいいのか? このような悩みを抱えているビジネスパーソンも多 …

交渉術の名著・古典 – ハーバード流交渉術

ハーバード流交渉術と書くとなんとなく怪しい雰囲気がただよう。ハーバード式、パーバード流などの著書が溢れており、「ああはやりの感じか」と思われてもおかしくないからだ。 ただし、本書「ハーバード流交渉術」 …

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 – 仕事効率化プログラム(PEP)

この なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 の原題は「The Personal Efficiency Program」、つまり、PEP:個人の業務効率化プログラム)であり、どのようにして「1人のビジネ …

ストレスをためないことが一番

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 – 今最も支持されている仕事術

GTDとは、Getting Things Doneの頭文字をとったもの。デビッド アレン(David Allen)氏が提唱している仕事術だ。日本では、「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」という …

仕事の道具:仕事はペンから おすすめの多機能ペン

どれだけデジタル化進んだと行っても、ノートとペンに勝る筆記用具はないだろう。 あなたはペンに求めるものは何であろうか? ・ まずは書きやすさ、ペンとしての基本要件である ・ 多機能性、できれば、白熱し …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。