自己啓発

採用基準 – 地頭よりもリーダーシップが重要?

投稿日:2013年11月24日 更新日:

採用基準。知りたいテーマだ。どいうやったらよい仕事(まあ、良い仕事の定義はいろいろあるだろうが)を得られるかはビジネスマンの最大の関心と言っていいだろう。

更にあの有名なコンサルティングファーム、マッキンゼー・アンド・カンパニーの採用担当者を長年勤めた筆者(伊賀 泰代氏)の意見ならより知りたいということだろう。

この「採用基準」の冒頭は、まず一般的に信じられているある事実をまず否定している。え、そうなの?と思うかもしれないが、採用の責任者が書いたことだからこそ説得がある。それは、

「マッキンゼーも地頭が良ければ採用したいと考えているわけではないのです」

ということだ。著名なコンサルティングファームは「いわゆる頭のいい人=地頭のいい人」を積極的に採用しているイメージがある。しかし著者が提示するマッキンゼーの採用基準は、

将来のグローバルリーダー

である。そして、リーダーだけに、その中でのリーダーシップの重要性を解いている。

リーダーシップと言うと、リーダー的なポジションに座る人のみに求められる気がするが、本書の「採用基準」ではチームすべての人がリーダーシップを持って自分の仕事に取り組んで行く必要があると述べる。また、リーダーシップが問題解決に非常に重要だとも述べている。

現実問題として、リーダーシップは一般のサラリーマンには非常に荷が重い問題だ。しかし、本書では、リーダーシップは学べるスキルと定義されている。学べたとしても荷が重いのは事実だが。。。

いずれにしても、コンサルティング会社の頂点であるマッキンゼーが求める採用基準は高いものであることは事実のようだ。尚、当書の冒頭に筆者にはマッキンゼー社と守秘義務契約があることが述べられており、マッキンゼーの採用基準が事細かいに書いて割るわけではない。まあ、筆者によると”「マッキンゼー入社」を目標にしている人は採用されない”とあるので、まあ、そういう意図で本を買っうような人はマッキンゼーの入社試験には受からないということか。

私はこの本の「採用基準」を、将来、グローバルスケールで活躍したいという若者の採用基準ということで理解した。

■ 発行日
2012年11月発行。

-自己啓発

執筆者:

関連記事

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 – 親父が教えてくれるビジネスマンとしての基礎

この「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」は、1987年(昭和62年)の日本での大ヒットベストセラーである。この時代にすでに大人だったら、あ、そういえばという本である。ネットなどまだない時代であ …

ビジネス書で学ぶギブ&テイク – 与え続けることで成功する

ギブ&テイク、つまり、「与えたら、頂く」、双方にバランスが取れた取引である。 このギブ&テイクを考えると人間間の関係は、3つのパターンが成り立つ。 ギブ&ギブ 何かを得ようとせずに、どんどん与え続ける …

ゾーンに入る為にはどのようにしたらよいのか?

「ゾーンに入る」という言葉がある。非常に生産性が高く、はまっている状態だ。 スポーツをしている人ならば、ゾーンに入ればいままでの練習で必ず失敗していたプレーができるであろうし、プログラマーであれば、非 …

悪い習慣を変えたいと考えるあなたへ

誰にでもある習慣。自分自身もはっきりと理解していないこの習慣によって良い結果も、悪い結果も生み出されてるとしたら、、、、まずは、習慣を変えないといけないだろう。 でも、その前にそもそも習慣ってなんだろ …

自己啓発本: 10冊のおすすめのロングセラー&ベストセラーな必読の名著

自己啓発本と言われているビジネス書は、毎月のように大量に新刊書が出版される。そして、その多くは忘れされてれていくと言っても過言ではない。そこで、このページでは、ロングセラーなベストセラー(つまり今まで …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。