自己啓発

いつも損ばかりしていると感じている人へ読んでほしい3冊の本

投稿日:2013年10月27日 更新日:

仕事でいつも損ばかりしている。そう感じている人は多いかもしれない。

我慢して色々やっていればいずれ神様が見ているというキレイ事はなるべく言いたくない。損をしないでやった分はしっかりと認めてもらったほうがいいだろう。

でもどうやって?

そのような視点に立ち、いつも損ばかりしている感じている人におすすめしたい、交渉術と会話術のベストセラーを3冊紹介したい。

1冊目:交渉術の名著・古典 – ハーバード流交渉術

1冊めは、交渉術の本である。このハーバード流交渉術の初版(原書)は、1981年にアメリカで発売された古典的なビジネス書「Getting to Yes」。今からもう。30年ほど前のことだ。その後、1991年、2011年に改訂版が出ており、そして今も世界中で読み継がれている。著者のロジャー・フィッシャー氏は、交渉における学術研究の世界的な権威とされている。

この本での根底に流れる交渉のコンセプトは、
交渉する相手・交渉する問題を理解する
ということだ。これは、相手に合わせるわけでもなく、自身が妥協するわけでもない。相手を理解するということだろう。

2冊目:真の交渉術とは会話術 – ダイアローグスマート

伝えるのは難しい、そして、対立するようなテーマであれば尚更だ」、ビジネスシーンで毎日感じることである。ダイアログスマートでは、「見る聞く→ストーリーを作る→感じる→行動する」という流れを通じて、共有の思いのプールを作る。ということの重要性を伝えている。

これによって、いわば言い難いことをうまく伝えられるということだ。

3冊目:武器としての交渉思考

現在あらゆる組織で、「王様と家来モデル」が崩壊している。これは簡単言えば今まで上司の言うことさえ聞いていれば成り立っていたが、現代の複雑な世の中でこのモデルが成り立たなくなっている。

そのような時代において重要なことは、「自分たちの手で自分たちで秩序を作りだすこと」が非常に重要になってきている。そのためには様々な人と合意しなくてはならず、そのための交渉が必要になるということである。

このような背景から、「武器としての交渉思考」では、どのように交渉をしていったら良いかのフレームワークをわかりやすく読み訳す提示している。

いかがであったろうか? 3冊のセレクションは。セレクションはともかく、損をし続けるのは良くない。やったことはしっかりと認めてもらうべきではないか? そのためにも、交渉術、会話術を身につけたい。

-自己啓発

執筆者:

関連記事

不安の正体 – 将来に向けての漠然とした不安を解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。その上、終身雇用の崩壊よりリストラは激しさしている。グローバル化による激しい市場変化など、とにかく不安定な時代になってきた。 それ …

採用基準 – 地頭よりもリーダーシップが重要?

採用基準。知りたいテーマだ。どいうやったらよい仕事(まあ、良い仕事の定義はいろいろあるだろうが)を得られるかはビジネスマンの最大の関心と言っていいだろう。 更にあの有名なコンサルティングファーム、マッ …

グローバルエリートになりたいならまずは基本に忠実に – 世界のエリートはなぜ、この基本を大切にするのか?

この本の著者は、戸塚隆将氏の経歴がすごい。著名な投資銀行、ゴールドマン・サックス、そして、著名な戦略コンサルティングファーム、マッキンゼー、そして、ハーバード大学でMBAを取得したという、これ以上華麗 …

自己啓発本: 10冊のおすすめのロングセラー&ベストセラーな必読の名著

自己啓発本と言われているビジネス書は、毎月のように大量に新刊書が出版される。そして、その多くは忘れされてれていくと言っても過言ではない。そこで、このページでは、ロングセラーなベストセラー(つまり今まで …

「原因」と「結果」の法則 – 全ては自分から

毎月、次々と出版される自己啓発書。この果てしない自己啓発書の出版ラッシュの中でどの本を読めばいいのか? 非常に答えにくい質問である。 その一つの答えが「原因」と「結果」の法則。原書は、1902年にイギ …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。