仕事術・交渉術・思考方法本

権力を握る人の法則 - スタンフォード大学ビジネススクール教授が書いた出世術の本

更新日:

真剣に出世したいか? と問われれば迷う人も多いだろう。この混沌とした時代で、果たして出世することが良いことなのか? というのは多くの人が考えることだろう。

出世して、同じ時間でより多くの給料を得たい、というような欲求は容易に理解できる。

しかし、よりよい組織にするため、より多くの人に良い影響を与えるために、といった正しい出世欲求もあるだろう。出世をして権力を掴まないと、何かを成し遂げられないということだ。

では、どうやって?、それに答えるのが今回紹介しているこの名著、「権力」を握る人の法則 である。

怪しげなタイトルと敬遠する人もいるかもしれない。しかし、この本の著者は、スタンフォード大学ビジネススクール教授、ジェフリー・フェファー氏。氏は「影響力のマネジメント」や「実行力不全(共著:書評はこちら)」などの著名な著書もある組織行動学の権威だ。

ちなみに、ジェフリー・フェファー氏はスタンフォード大学で「権力への道(Path to Power)」という選択科目を担当しているそうだ(本書P280より)。

この本の最初の1文はすべての人を勇気づけるだろう。

権力や地位をてにいえることは、ほとんどのひとにとって可能である。(本書P11)

つまり、あなたでも可能なのである。本書の中にはキャリアチェンジして、大きな職責についた例など、豊富な事例が散りばめられている。

そして、「頭がよくても出世できない(本書P72)」としている。確かに権力を手に入れるためにはさまざまな長い道を通って行かなくてはいけない。そのためには、さまざまな能力が必要なのであろう。本書では、「権力」を手にするための7つの資質を上げている。

意志の力によるもの
・決意
・エネルギー
・集中
スキルとして身につけることができるもの
・自己省察
・自信
・共感力
・闘争心
(本書P58から抜粋)

このように権力をつかむためにどうしたらいいかを教えてくれる「権力」を握る人の法則 。権力に興味がなくても、組織で政治的な問題に巻き込まれてしまっている人には是非とも読んでほしい本といえる。何か解決の糸口が見つけられるかもしれない。

■ 発売日
「権力」を握る人の法則 の原書「Power: Why Some People Have It—and Others Don't」は、2010年に発売された。

著者のは、スタンフォード大学ビジネススクール教授、ジェフリー・フェファー氏。

-仕事術・交渉術・思考方法本
-

Copyright© 大切なことはビジネス書から学んだ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.