注目コンテンツ

2019/3/18

なりたい自分になるためにNLP(神経言語プログラミング)を学ぼう

NLP、神経言語プログラミングを知ってますか?と聞いて、Yesという人は相当な自己啓発書オタクだろう。 NLPはそれほど有名ではないが、自己啓発的な話の中で必ず出てくる心理学的なアプローチである。そのNLPの主張は、「脳が考えるプロセス、発せられる言語、行動のパターンには関連がある。その関連に注目し変化させることで、人生をより良いものにする」である。しかし、この”関連がある”というところで、臨床的にデータ&検証が十分ではないという主張があるのも事実だ。 ただし、細かい臨床的な実証がなくても人生を好転させよ ...

ReadMore

2019/3/18

新入社員にお勧めのビジネス本 3冊

4月から社会人デビューする人も多いだろう。社会人としてやっていけるのか?そう不安を抱えていたら、その解消法は簡単だ。準備することである。とにかく準備だ。 では、どうやって準備するといえば、ビジネス書、つまり、本を読むことである。今回は、まずは読みたい3冊をまとめてみた。 1冊目: 入社1年目の教科書新入社員、いや、社会人が仕事を進めるうえで基本的な動作、心構えを教えてくれるのがこの本「入社1年目の教科書」である。 会社で働くとは、つまりどいうことなのかを教えてくれる本である。この本の注目ポイントは、著者の ...

ReadMore

2019/3/17

日本著者によるベストセラー自己啓発本

自己啓発書というと「7つの習慣」、「人を動かす」そして、「ストレングス・ファインダー」といった、どうしてもアメリカ発のものを思い浮かべてしまう。その一方で、日本人著者による自己啓発書のほうが、日本人の心意気にあっているのではないか? そう考え、今回は日本人著者で、なおかつ100万部以上売れた3冊の自己啓発書を発売部数ランキング形式で紹介したい。 1位 道をひらく 530万部 日本を代表する起業家といえば誰をイメージするか?ソフトバンクグループの孫正義氏、楽天グループの総帥の三木谷浩史氏などを思い浮かべるか ...

ReadMore

2019/3/3

禁煙セラピー - 本を読むだけで禁煙できる?

東京オリンピックを見据えて受動喫煙法が成立し、日本は、ますますたばこが吸えない社会に変化している。今後、いろいろな面で喫煙者に厳しい時代が訪れるのは間違いない。 今から40年前の1979年の喫煙率は、男性は73.1%、女性は15.4%であった。男性においては、10人いたら7人、8人がタバコを吸っているということになる。この時代にタバコを吸ってない人は、少数派だったわけだ。 これが、最後の喫煙率調査となった2018年には、男性が27.8%、女性は8.7%となり、この40年でタバコを吸う人と吸わない人が逆転し ...

ReadMore

2019/3/3

疲れたときに読みたい本 - 人生リラックスも重要

毎日、意識高いビジネス書を読んで疲れてしまっている人も多いだろう。 人生はリラックスも必要である。今回は、そんな頭をリラックスしたときに読みたい真剣に面白い本を紹介したい。 なお、人生が辛いと感じているときにはこちらを参考にしてほしい。また、不安で不安でしょうがないという時はこちらを参考にしてほしい。 1冊目: 誰も知らない名言集 この題名を見て、感動的な言葉が詰まった本であると想像したら、その予想は大きく裏切られる。 著者は、イラストレーターのリリー・フランキー氏。氏は、家族の新しいあり方を提案した、自 ...

ReadMore

2019/3/2

生きるのが辛いと感じたときに読みたい名著(辛さを乗り越える示唆にあふれる書)

とにかく生きていくのが辛い。こんな言葉に同意する人は、是非このページで紹介しる2冊の本を読んでほしい。それだけで辛い人生から卒業できる可能性は大である。 ここに紹介する本は両方とも「ブッタの教えに基づく練習」というコンセプトの本である。ただし、怪しい宗教色(要は神がかった飛躍した理論)はないし、布教のために書かれた本でもない。 1冊目: 反応しない練習 - 草薙龍瞬著 (2015年発売)どんな悩みも解決できるシンプルな”考え方”がある。それは、すべての悩みは心の反応から生まれており、つまり、無駄な心の反応 ...

ReadMore

2019/3/17

アメリカで売れている自己啓発本(Self-help Book)ランキング

日本人は海外物に弱い。特にアメリカから輸入されたものには弱い。皆さんもアメリカで大ヒットと帯に書かれている自己啓発本を思わず購入してしまうことも多いだろう。 そこで、アメリカから輸入&翻訳された自己啓発書(尚、英語では自己啓発書のことをSelf-help Bookと呼ぶ)で、本当にアメリカ市場で売れている自己啓発書がどれであるかを調べてみた。 調査方法としては、Amazon.vom アメリカ版(アメリカ最大の書店)の年間ベストセラーランキング(総合でありビジネス書のみではない)の過去 5年分の平均順位を算 ...

ReadMore

2019/3/3

不安で不安でたまらなくなった時に読みたい2冊-不安を解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。その上、終身雇用の崩壊よりリストラは激しさしている。グローバル化による激しい市場変化など、とにかく不安定な時代になってきた。 それに伴い「将来に対しての漠然な不安」に感じる人が増えている。この不安をこじらせれば「うつ病」を発症さえることになるだろう。 この不安というものはたちが悪い。不安というものには実態がないからだ。 つまり、漠然と将来に対しての不安に感じてもしょうがない。なぜなら、不安を感じても、完全に解決できる方法はない。究極的に ...

ReadMore

2019/1/7

ビジネス書で学ぶギブ&テイク - 与え続けることで成功する

ギブ&テイク、つまり、「与えたら、頂く」、双方にバランスが取れた取引である。 このギブ&テイクを考えると人間間の関係は、3つのパターンが成り立つ。 ギブ&ギブ 何かを得ようとせずに、どんどん与え続ける (尚、本書の中ではギバーと表記している) テイク&テイク どんどん何かを得続ける、そして与えない (尚、本書の中ではテイカーと表記している) ギブ&テイク 自分が与えた分だけもらう(もらった分をあげる、あげた分だけもらう、尚、本書の中ではマッチャーと表記している) そして、この3つのパターンの中で、成功する ...

ReadMore

2019/1/7

ゾーンに入る為にはどのようにしたらよいのか?

「ゾーンに入る」という言葉がある。非常に生産性が高く、はまっている状態だ。 スポーツをしている人ならば、ゾーンに入ればいままでの練習で必ず失敗していたプレーができるであろうし、プログラマーであれば、非常に高度な技術的な課題を解決することができる。 ブレークスルーを産む為には、何よりもこのゾーンに入る必要がる。 このゾーンと呼ばれるものを学術的に、しかし、わかりやすく解説したのが、「フロー体験 喜びの現象学」である。 本書のP95ページには、どのようにして人がフロー体験に入るかテニスを練習する少年、アレック ...

ReadMore

ロングセラーコンテンツ

失敗の本質 - 日本的な組織的失敗の研究

2013/09/08    

「第二次世界大戦で旧日本軍がなぜ敗北したか?」というのお題に対し、キーとなる6つの戦いを例に、単なるアメリカ軍との物量の差だけではなく、日本的組織による日本的な意思決定構造が敗因であったことを解き明か ...

新入社員にお勧めのビジネス本 3冊

2019/03/17  

4月から社会人デビューする人も多いだろう。社会人としてやっていけるのか?そう不安を抱えていたら、その解消法は簡単だ。準備することである。とにかく準備だ。 では、どうやって準備するといえば、ビジネス書、 ...

おすすめの組織論本:ベスト&ロングセラーの名著10冊

2014/02/09  

組織論を極めるためには、人と組織に関する多様なトピックをカバーしなくてはならない。 例えば、組織的行動論、組織作りの戦略論、組織を実際に動かしていくための実行論など、組織にまつわる話は多方面にわたる。 ...

おすすめのリーダーシップ本 - 10冊のベスト&ロングセラー・必読の名著

2014/01/26  

ビジネス書における人気カテゴリーとして「リーダーシップ本」と「イノベーション本」がある。イノベーション本についてはこちらを参考にしていただくとして、今回はリーダーシップ本のおすすめについて考えていたい ...

おすすめのマーケティング本 – ロング&ベストセラー10冊

2014/01/26  

世の中には数多くのマーケティング本がある、この中で何を読めばいいのかというのは悩むところだろう。さらに、マーケティングは非常に領域が広い。 そこで「大切なことはビジネス書の名著から学んだ」では、古典と ...

経営戦略書:10冊のおすすめのロングセラー&ベストセラーな必読の名著

2013/12/22  

世の中に経営戦略について解説したビジネス書、つまり、経営書は数多くある。その中で、古典とも言えるロングセラーなビジネス書から最近のベストセラーまで10冊に厳選するということをテーマにおすすめ経営書のリ ...

自己啓発本: おすすめのロング&ベストセラーな必読の名著10冊(2019年版)

2013/12/02  

自己啓発本と言われているビジネス書は、毎月のように大量に新刊書が出版される。そして、その多くは忘れされてれていくと言っても過言ではない。そこで、このページでは、ロングセラーなベストセラー(つまり今まで ...

起業を考える際に読みたい本:5冊のおすすめのベストセラー本・必読の名著

2014/04/06  

昨今、起業ブームだ。起業と言ってもどのようなビジネスをするかによって読む本は変わりそうだ。専門分野については実際にそうであろう。ただ、その前に漠然と起業を考える際には、まず起業というものかイメージつか ...

投資本おすすめの6冊はこれだ

2019/02/01  

空前の投資ブームといわれる日本。株、投資信託、FX、仮想通貨といったさまざまな投資商品が盛り上がっている。ただし、投資で儲かったという声よりも、投資で損したという悲痛な声のほうが多いのが事実だ。 実際 ...

おすすめのイノベーション本:ロング&ベストセラーの名著8冊

2013/12/31  

「イノベーション」、書店のビジネス書コーナーに行けばこのイノベーションという言葉があふれている。 イノベーションを直訳すれば、革新、新機軸、新しい考え、といことになるが、とにかくビジネス書でイノベーシ ...

お勧めのセールス&営業本 6冊 - 営業で悩むすべての人

2019/02/03  

売れないセールスマンの悩みは深い。容易に他の人と比べることができる営業の仕事は「売れない」ということが如実に表れるため絶望感が演出されやすい。 セールスマネージャーの闇も深い。上からの激しいプレッシャ ...

おすすめ転職面接対策本 - 転職活動のお供に

2019/01/26  

転職活動を初めて悩むのが面接対策。仕事では上司がアドバイスをしてくれるが、面接を受けても面接官がこうしたらいいとか、ああしたらいいとか、アドバイスをしてくれるわけではない。 その結果、どのように面接を ...

チームづくりに役立つ5冊[決定版]

2013/11/18  

組織やチーム作り(チームビルディング)に悩まないマナージャーの方はいないだろう。 というのも「問題が無いチームなんてない」というほどというほどチームには問題はつきもののものだ。ただ、それを解決したすご ...

Copyright© 大切なことはビジネス書から学んだ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.