MBA本 or 語学本

MBAを独学で、おすすめ本はこれだ

皆さん、アメリカへMBA留学するといくらかかるかご存知か? MBAのランキング上位校ならば、学費+生活費で2年間で2000万円程度かかるようだ(どんな自己啓発セミナーよりも高い...)。

もちろん、上位校でなければ学費が安くなり、地方ではあれば生活費もそれなりにやすくなるわけであるが、それでも2年間で1000万円から1500万円は覚悟しなくてはいけないのが相場だ(まだ、どんな自己啓発セミナーよりも高い...)。

つまり、一般庶民には、アメリカへのMBA留学というのは夢のまた夢ということになる。

ただ、お金が理由で、MBAの知識を得ることをあきらめるのはもったいない。私たちにはビジネス書=教科書という強い見方がある。

おすすめのMBA本で、MBAの知識を独学で手に入れよう。

約5000円でアメリカのトップスクールのMBA留学のダイジェスト版の知識をゲット?

アメリカにMBA留学行く方に人気の予習本があることをご存知か?

これは、あまり英語が得意でない人が、いきなりアメリカに行ってもMBAの授業についていけないかもしれない。そこで、日本からアメリカに行く前に、MBAプログラムをこっそり予習しておくために使われる教科書である。

その教科書(ビジネス書)こそが、 10日で学ぶMBA (The 10 Day MBA) である。この本は、日本語版英語版があることから、まずは日本語で読んで、その後、英語を読めば、英語が苦手な日本人がより簡単に理解できる。そして、何より英語でのビジネス知識が容易に手に入る。

ちなみに「10日で学ぶMBA」は40万部を超えるベストセラーであり、商業的にも十分成功した本である。この「10日で学ぶMBA」のカリキュラムを紹介する。

10日で学ぶMBAのカリキュラム:

第1日 マーケティング
第2日 倫理
第3日 アカウンティング
第4日 組織的行動
第5日 定量分析
第6日 ファイナンス
第7日 オペレーション
第8日 経済学
第9日 戦略
第10日 MBAのミニコース

2年制MBAで1年目で学ぶMBA基礎科目を網羅している。

 

ここからは、この「10日で学ぶMBA」を使って、理解できなかった場合や、より深く学びたかったりする場合に備えて、各授業についておすすめの補強教材(というかビジネス書)を紹介する。

わからなかったときや深堀り用のMBAの各教科ごとのおすすめ教科書(ビジネス書)の紹介

第1日のマーケティングを深めるためのMBAビジネス書

マーケティングは、コンテンツが膨大で学びにくいテーマである。1つ1つのテーマが難解だというよりは、テーマがたくさんありすぎるのがマーケティングである。

アメリカのMBAスクールなどの定番の教科書、 コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 、もちろん、著者の一人は、フィリップ・コトラー教授 (MBAトップ校の ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院教授) は、1000ページ、約9000円の大著である。さすがに独習では読めないであろう。

そこでお勧めなのは、コトラーのマーケティング・コンセプトである。こちらのほうは、読みやすく、よりテーマごとに簡潔に書かれており、理解が進むのではないか。

第2日の倫理を深めるためのMBAビジネス書

MBAでは最もつまらない領域と見なされるビジネス倫理 (ビジネス倫理、英語では、Business Ethics)。

アメリカ企業で不祥事が止まらないことからもビジネス倫理はMBAコースの中でも重要なのである。10日のMBAの速習コース中で2日目に位置することからもわかるだろう。

ただ、この教科については、倫理が大事ということを学ぶということが主眼なので、深堀する必要はなく10日で学ぶMBAで十分であろう。

ちなみに、ビジネス倫理が何かピンとこない人もいると思う。通常のビジネスマンだとあまりなじみがない領域であるからだ。代表的なものは「フォード・ピント事件」であり、ビジネスの経済合理性だけでない倫理的な側面を学ぶのが、ビジネス倫理である。

第3日のアカウンティング(会計)を深めるためのMBAビジネス書

MBAで多くの落後者を出す、アカウンティングとファイナンス。とにかくこの2教科は難しい。

ここでは、深堀をするよってできるだけ簡単なビジネス書で理解したい。「決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法」がおすすめである。

第4日の組織的行動を深めるためのMBAビジネス書

組織的行動と聞くとなんだ?と思うが、Organizational Behaviorの日本語訳と聞くとよりわかっていただけるだろう。 ちなみに、MBAでの略称はOBである。

このOBの鉄板的な教科書といえば、「組織行動のマネジメント―入門から実践へ」である。もし、組織に興味が出ればこのビジネス書を読むべきだ。

第5日の定量分析を深めるためのMBAビジネス書

定量分析は Quantitative Analysis の日本語訳。

数字を使って分析して答えを導き出す、訓練の授業である。いわば、Excelのゴールシークを使いこなし数学的にゴールを導きだすというのがわかりやすい説明だ。

このような内容についてのわかりやすいビジネス書として「定量分析の教科書」がある。

第6日のファイナンスを深めるためのMBAビジネス書

アカウンティングに引き続き、難しさがあふれるファイナンス。深堀するまでもなく、DCF、WACC、NPV、そういう基本的な用語の導き方とそもそもの意味がわからない、ということになるだろう。

そんな方には、「パンダをいくらで買いますか?」がおすすめ。これが私の見た中で一番簡単な本である。

第7日のオペレーションを深めるためのMBAビジネス書

どのようにすれば企業の競争力が担保できるのか?オペレーションは重要すぎるほど重要だ。ただ、このオペレーションというエリアは地味、かつ、MBAぽい領域のため、良書はない。 10日で学ぶMBAを反復して読むのをお勧めする。

第8日の経済学を深めるためのMBAビジネス書

経済学は難解である。そして話が大きすぎて何のために学んでいるかを見失いがちだ。ここではより簡単な「No.1エコノミストが書いた世界一わかりやすい経済の本」がおすすめである。

第9日の戦略を深めるためのMBAビジネス書

MBAとなると戦略は、MBAの1年目の授業の集大成としてケースを使ってなんてことになりがち。ただ、独習という視点に立てば、ケースを使って議論という方向ではなく、粛々と経営戦略を学びたい。それならばやはり「経営戦略全史」が秀逸。近代の経営戦略をすべて網羅し体系的に解説している名著である。

どうであったか? この記事で2000万円得したとは言えないかもしれないが、現実的な金額でMBAの知識が得れることは言えると考えている。是非とも、庶民のMBAに参加してほしい。

それでもあきらめきれない人は、こちらの記事から、ランキングトップ10のスクールを確認し、まずは学費を調べるところから始めてほしい。多分、この記事に戻ってくると思うが。。。

-MBA本 or 語学本

© 2021 大切なことはビジネス書から学んだ Powered by AFFINGER5