組織・リーダーシップ論

チームビルディングに悩んだ時に読みたい2冊のビジネス小説

投稿日:2013年11月18日 更新日:

チームビルディング(つまり、チーム作り)に悩むマナージャーの方も多いだろう。

問題ない無いチームなんてない」というほどというほどチームには問題はつきもののものだ。その一方で「すごいチームの生産性は、普通のチームに比べて異常に高くなる」というのも事実だ。

つまり、チームビルディングは、リーダーの永遠の課題ともいえよう。

そこで、簡単に読めるビジネス小説の形を取りながらチームビルディングについて解説している本を紹介したい。どちらも小説という形をとっているので非常に読みやすい。読み易いながらも多くのチームビルディングに関するインサイトを含んでいるこの2冊は、まさにリーダー必読の書といえるだろう。

1冊目:チームが機能不全に陥る5つのポイントを解説した名著
日本ではあまり知られていないが、2003年に発売以来、毎年のようにアマゾン・ドット・コム(US版)の総合ベストセラー100に入るの継続的なベストセラー書「あなたのチームは、機能してますか?」をまずはおすすめしたい。

この本では、架空のIT企業を元にチームが機能不全になる5つの理由とその対処を法を示した本である(書評はこちらから)。

2冊目:魚市場を元にした世界的にヒットしたチームビルディング方法
フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方では、4つの原則によって、例え、仕事が単調なものでも活気あるチームが生まれると解説している。

このフィッシュの舞台としている部署は金融機関で比較的につまらない仕事をしている部署である。つまり、どんな職場も楽しく活気があるものに出来るということだ(書評はこちらから)。

-組織・リーダーシップ論

執筆者:

関連記事

会社(組織)が理不尽だと感じだ時に読んでほしい2冊

会社(組織)が理不尽だと感じるときはサラリーマンであれば必ずと言っていいほどあるだろう。 そんな時に腐るのもいいが、なぜ、組織というものはそういうものなのか?を考えてることも重要だ。特にサラリーマン家 …

馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある。 ただし、戦争も進化する。軍隊式という言葉が古くなってきたように、ベトナム戦争でゲリラとの闘い、そして、テロとの戦い以降は特に、複雑な組織との闘 …

おすすめのリーダーシップ・ビジネス書 – 10冊のベスト&ロングセラー・必読の名著

ビジネス書における人気カテゴリーとして「リーダーシップ本」と「イノベーション本」がある。イノベーション本についてはこちらを参考にしていただくとして、今回はリーダーシップ本のおすすめについて考えていたい …

活気あるチームの作り方は魚市場に学べ – フィッシュ!

フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方はアメリカで大ヒットになった組織、チームの作り方に関するビジネス小説である。 この本を一言で言えば、どのようにしたら”活気がある”チームが作れるかと …

企業変革力 – 組織を変革する為に必要なこと

「企業の変革、組織の変革」、いま企業にもっとも求められていることだ。 これだけ変化が激しい世界で、ずっと同じようにビジネスを実行して行くのは難しい。そんなことが分かっていても、自分の仕事のやり方が変わ …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。