組織・リーダーシップ論

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

投稿日:2015年4月26日 更新日:

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだろう。いろいろなしがらみや常識、そして、変化への恐怖など、なかなか仕事のやり方を変えるのは難しい。

しかし、そんな常識を吹っ飛ばすような企業がアメリカにはある。37シグナルズだ。

日本でも、特にWebエンジニア37シグナルズを知る人は多いだろう。それは、Webアプリケーション開発用のフレームワークである、Ruby on Railsの存在があるからだろう。、同社の製品に利用されていたものが、その後オープンソースとして公開されたものだ。

もちろん、この37シグナルズは、ビジネスでも成功している企業である。主に中小企業向けにプロジェクト管理ツール、ベースキャンプの提供を行っている。

この37シグナルズのCEOであるジェイソン・フリードと、共同経営者のデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソンが、書いた新しい働き方の提言が、この「小さなチーム、大きな仕事: 37シグナルズ成功の法則」である。

ネット上でも非常多くの賞賛を浴びているが、一言で言えば現実的に賢くやる方法が非常に具体的に示されている。

非常に面白くおすすめの本である。

■ 発売日
2010年に、原題 Rework としてアメリカで発売された。

-組織・リーダーシップ論

執筆者:

関連記事

マニュアル化、仕組み化で業績アップを狙え – 無印良品は仕組みが9割

マニュアル化と聞くとイノベーションとは全く無縁なつまらない業務と考える考える人が多いだろう。マニュアルがあればそれを見たら出来る業務、つまり、マニュアル化はイノベーションの敵とも捉えることが出来る。 …

おすすめの組織論本:ベスト&ロングセラーの名著10冊

多様なトピックをカバーしなくてはいけないのが、人・組織に関しての。そこで、バランスよく組織論本について、これだという名著10冊をラインナップしていきたい。 目次: 組織論を知るためのベーシック、1冊 …

実行力不全 – ビジネス書好きは読んでおきたい本

ビジネス書を読んでいるだけでは意味が無い。実行をしてこそ意味がある。 ビジネス書愛好家に向けられた批判としてよくあるものだ。これは、会社組織においても同じだ。組織全体として、知識を蓄積してもそれを経営 …

馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある。 ただし、戦争も進化する。軍隊式という言葉が古くなってきたように、ベトナム戦争でゲリラとの闘い、そして、テロとの戦い以降は特に、複雑な組織との闘 …

不機嫌な職場 – 協力できないワケとは?

「関わらない」「協力しない」「助けない」という職場が増えているという。なんとなく雰囲気が悪く、ギスギスしている職場だ。 実は私もそう感じ続けている。以前の会社には、同期、先輩、後輩という役職や担当を超 …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。