組織・リーダーシップ論

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

投稿日:2015年4月26日 更新日:

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだろう。いろいろなしがらみや常識、そして、変化への恐怖など、なかなか仕事のやり方を変えるのは難しい。

しかし、そんな常識を吹っ飛ばすような企業がアメリカにはある。37シグナルズだ。

日本でも、特にWebエンジニア37シグナルズを知る人は多いだろう。それは、Webアプリケーション開発用のフレームワークである、Ruby on Railsの存在があるからだろう。、同社の製品に利用されていたものが、その後オープンソースとして公開されたものだ。

もちろん、この37シグナルズは、ビジネスでも成功している企業である。主に中小企業向けにプロジェクト管理ツール、ベースキャンプの提供を行っている。

この37シグナルズのCEOであるジェイソン・フリードと、共同経営者のデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソンが、書いた新しい働き方の提言が、この「小さなチーム、大きな仕事: 37シグナルズ成功の法則」である。

ネット上でも非常多くの賞賛を浴びているが、一言で言えば現実的に賢くやる方法が非常に具体的に示されている。

非常に面白くおすすめの本である。

■ 発売日
2010年に、原題 Rework としてアメリカで発売された。

-組織・リーダーシップ論

執筆者:

関連記事

活気あるチームの作り方は魚市場に学べ – フィッシュ!

フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方はアメリカで大ヒットになった組織、チームの作り方に関するビジネス小説である。 この本を一言で言えば、どのようにしたら”活気がある”チームが作れるかと …

優れたリーダーの必須3要素とは

「ハーバード流ボス養成講座」とても刺激的なタイトルだ。 ハーバードビジネススクール関係者の著書の日本語版には特にハーバード流と付きやすい。ブランドに弱い(私も含めて)日本人向けにハーバードブランドを強 …

おすすめの組織論本:ベスト&ロングセラーの名著10冊

多様なトピックをカバーしなくてはいけないのが、人・組織に関しての。そこで、バランスよく組織論本について、これだという名著10冊をラインナップしていきたい。 目次: 組織論を知るためのベーシック、1冊 …

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいないだろう。では、フォロワーシップはどうだろうか? 「え?何?フォロワーシップって?」という人も多いのではないだろうか? フォロワーシップとは、 …

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない話である。そして、みんながうすうす、そう感じているのではないか? 悪いヤツほど出世するでは、そのうすうす感じていたものに冷静な結論を導き出している …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。