組織・リーダーシップ論

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

投稿日:2015年5月10日 更新日:

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいないだろう。では、フォロワーシップはどうだろうか?

え?何?フォロワーシップって?」という人も多いのではないだろうか?

フォロワーシップとは、リーダーに従う人=フォロワーのあり方とも言えるもので、近い言葉で言えば、部下力というものになるだろう。

そして、リーダーシップに比べて、あまり馴染みがないフォロワーシップという考え方が、組織で今もっとも重要なのではないかと考えられる。なぜなら、上司よりも部下のほうが、人数も多く、また、実際に部下が実際の業務をこなしているからだ。

よいリーダーがいただけでは不十分だ。それを十分に支えられるフォロワーがいてこそ、組織が動くというものである。

」では、フォロワーシップに優れた人間として以下のように定義している。

「プロフェッショナル・フォロワー」とは・・・
自らの意思で、リーダーの方針に深く賛同し、
自ら積極的に率先して発言・行動し、
リーダーや同僚の弱みを陰でこっそりと補い、
リーダーの仕事を自ら引き受け、
リーダーを楽にする存在
(P62より)

と定義している。

あなたも是非、フォロワーシップを学び、組織を強くするのはどうだろうか?

■ 発売日
2011年に発売された。著者は、コンサルタントの小倉広氏。

-組織・リーダーシップ論

執筆者:

関連記事

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない話である。そして、みんながうすうす、そう感じているのではないか? 悪いヤツほど出世するでは、そのうすうす感じていたものに冷静な結論を導き出している …

リーダーになる – リーダーシップ論の古典的名著

リーダーの仕事って一体なんだろう。非常に難しいテーマだ。 職場でリーダーが強調される場面としては、 「リーダーなんだから決めてください」 「リーダーなんだから規範を示してください」 と、難しい時が多い …

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだろう。いろいろなしがらみや常識、そして、変化への恐怖など、なかなか仕事のやり方を変えるのは難しい。 しかし、そんな常識を吹っ飛ばすような企 …

馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある。 ただし、戦争も進化する。軍隊式という言葉が古くなってきたように、ベトナム戦争でゲリラとの闘い、そして、テロとの戦い以降は特に、複雑な組織との闘 …

会社(組織)が理不尽だと感じだ時に読んでほしい2冊

会社(組織)が理不尽だと感じるときはサラリーマンであれば必ずと言っていいほどあるだろう。 そんな時に腐るのもいいが、なぜ、組織というものはそういうものなのか?を考えてることも重要だ。特にサラリーマン家 …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。