組織・リーダーシップ論本

マネージャー必見! - 仕事が全く同じでも職場を楽しくする方法

更新日:

日本では「サザエさん症候群」という言葉がある。これは、サラリーマンが、日曜日の6時半から放送される人気アニメ「サザエさん」が始まると、月曜日からの仕事を思いだし憂鬱になってしまうという心理状態を語ったものだ。「週末は楽しい、仕事はつらい」という典型的なサラリーマンの心情であろう。

あなたはこれについてどう思うか?そもそも「仕事がつらい、仕事はやりたくない」こと自体に問題であると感じているだろうか? それとも、「仕事は楽しくない、できればやりたくないものだ」とあきらめてしまっているのだろうか?

しかし、仕事内容は全く同じでも、楽しくすることができるとしたらそんなに楽しいことはないだろう。それが可能だと主張するのが本書「なぜCEOの転進先が小さなレストランだったのか ―マネジメントを極めた男の物語」である。

尚最初に断わっておくが、この本は、組織論の本である。つまり、自分自身の気の持ちようで仕事が楽しくなるというタイプの書籍ではない。マネージャー層向けに書かれた書籍である。マネージャーが変わればそのチームのだれもが、「サザエさん症候群」にならなくて済むのだという話だ。そして、それは簡単であると著者のはこの本で語っている。

ビジネス小説の形を取っており、たたき上げのタイプの主人公が、CEOとして自分が育て上げたフィットネスメーカーを他社に売却するところからストーリーが始まる。売却後、リタイア生活の中で時間を持て余す中、利用したサービス悪いイタリアンレストランの共同オーナーとなり、そのレストランを立て直すところがメインストーリーだ。

一癖もある従業員にやる気を与え、活気ある店にしていく、そんなストーリーの中でやる気を起こさせる秘訣を教えてくれる。

著者、パトリック・レオンシオーニ氏によると解決への秘訣は、以下の3つのサインの解消だという。
・匿名性 自分という個人が理解されない
・無関係 自分の仕事が誰かにとって重要だということを知らない
・無評価 自分の貢献度や成長が把握できない
ということだ。

他のパトリック・レオンシオーニ氏の本と同じく、著書の巻末に解説がある。ビジネス小説だけでなく、この解説があるからこそよく理解できるビジネス書と言えるだろう。

もし、あなたがマネージャーで「仕事がつまらない」と考えているならば、この本を読み改善するのも一策である。

尚、本書は主にマネージャー層向けであるが、もし、読者がマネージャーではない場合は、マネージャーへこの3つキーポイントを話すことを進めている。

■ 発売日
原著は、2007年に発売された。タイトルは、「The Three Signs of a Miserable Job: A Fable for Managers (And Their Employees) <」であり、訳すれば、「惨めな仕事の3つのサイン:マネジャー(とそのスタッフ)向けたビジネス小説」ということになるだろう。 著者は、組織改善とチームの強化育成を専門とする経営コンサルティング会社「テーブル・グループ」社長である、パトリック・レオンシオーニ。氏はアメリカで大ベストセラーの「あなたのチームは、機能してますか?」など、ビジネス小説の形をとった組織、チーム作りのさまざまな著作がある。

-組織・リーダーシップ論本
-

Copyright© 大切なことはビジネス書から学んだ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.