組織・リーダーシップ論

あなたのチームは機能していますか? 最高のチームを作ろう

投稿日:2013年10月21日 更新日:

ビジネス小説といえば「ザ・ゴール」が有名だろう。小説という形をとって、いかに売上を上げるために生産効率を上げるかというテーマで書かれたこのビジネス小説は、全世界でヒットした。

同じビジネス小説で、組織・リーダーシップ領域でアメリカで大ベストセラーとなったのは「あなたのチームは、機能してますか?」ともいえよう。日本ではそんなに有名とは言えないがアメリカでは毎年アマゾンドッコム(アメリカ版のアマゾン)のベストセラーランキングに入る有名なビジネス小説なのだ(原著のタイトルは「The Five Dysfunctions of a Team」であり、「あなたのチームは機能していますか?」はその日本語版だ)。

著者のパトリック・レンシオーニには、組織と経営チームの強化育成を専門とするコンサルタントでもある。

この「あなたのチームは機能していますか?」では、架空の会社ITベンチャー企業、ディシジョンテックを舞台に、リーダーシップの欠如でCEOが解任されたのちに、一見、ITベンチャー企業に全くフィットしない57歳の女性のCEOが就任したところから始まる。しかし、彼女は、経営チームづくりの名手で、経営チームの辞職や解任を通しながら、経営チームを作っていくというストーリーだ。

小説だけでなく、巻末にはその理論も解説されている。チームが機能不全に陥る際には、5つのポイントがある。それは、
1. 信頼性の欠如 (つまり、信頼していれば良いチームになる)
2. 衝突への恐怖 (正当な主張のもとに衝突すれば良いチームになる)
3. 責任感の不足 (自分の業務言い訳なく実施すれば良いチームなる)
4. 説明責任の回避 (自分の業務をしっかりと説明できれば良いチームになる)
5. 結果への無関心 (結果へ関心を持てば良いチームとなる)
である。そして、それは相互に結びつきあっており、その一つでも脆いとチームとして機能しなくなるのである。

巻末には、筆者が提唱するモデルの詳細があるがこれが必読の部分だろう。また、チェックリスト等の実際に使えるものが含まれているため、チーム作りに悩む人には参考になる一冊だろう。

また、「あなたのチームは、機能してますか?」は、ビジネス小説という形式をとっているため読みやすいということだろう。

あなたのチームは機能していますか?」の原題は、The Five Dysfunctions of a Team。直訳すれば、チームの5つの機能不全(になる理由)といったことだろうか。

■ 発売日
原著「The Five Dysfunctions of a Team」はアメリカで2002年に発売された。日本語版は2003年の発行。パトリック・レンシオーニは、この「あなたのチームは、機能してますか?」以外にも様々なビジネス小説を書いておりどれも非常に面白い。おすすめの著者である。その中でも最も売れているといえるのがこの「The Five Dysfunctions of a Team」である。大ベストセラーだけに日本のアマゾンでも原書が購入できる。

日本語版:

原書(英語):

-組織・リーダーシップ論
-

執筆者:

関連記事

実行力不全 – ビジネス書好きは読んでおきたい本

ビジネス書を読んでいるだけでは意味が無い。実行をしてこそ意味がある。 ビジネス書愛好家に向けられた批判としてよくあるものだ。これは、会社組織においても同じだ。組織全体として、知識を蓄積してもそれを経営 …

1分間マネジャー – 卓越したマネジャーになるための古典的名著

マネージャー論、日本で言えば、課長論を語ったビジネス書は実に多い。それだけ、人のマネジメントというのは悩みが多いものだ。 その中でも最も売れているビジネス書と言えば、この「1分間マネジャー」だろう。1 …

リーダーシップとは危険なもの? 現実的な視点からリーダーシップを解き明かす

リーダーシップ、何か、憧れさえあるこの言葉は、さまざまな定義あるだろう。 私が感じるリーダシップは、多くの人を統率し、ガイドを提示し、正しい道へと共に進む、そして時には励ます。つまり、リーダーシップと …

リーダーになる – リーダーシップ論の古典的名著

リーダーの仕事って一体なんだろう。非常に難しいテーマだ。 職場でリーダーが強調される場面としては、 「リーダーなんだから決めてください」 「リーダーなんだから規範を示してください」 と、難しい時が多い …

馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある。 ただし、戦争も進化する。軍隊式という言葉が古くなってきたように、ベトナム戦争でゲリラとの闘い、そして、テロとの戦い以降は特に、複雑な組織との闘 …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。