組織・リーダーシップ論本

1分間マネジャー - 卓越したマネジャーになるための古典的名著

更新日:

マネージャー論、日本で言えば、課長論を語ったビジネス書は実に多い。それだけ、人のマネジメントというのは悩みが多いものだ。

その中でも最も売れているビジネス書と言えば、この「1分間マネジャー」だろう。1982年と今から30年以上に前に発売され、販売累計は全世界で1300万部を数える。今でも、1ヶ月に1万部ほど売れている管理職の為のベストセラー、ロングセラーな古典的名著と言えよう(*1)

著者は、ケン ブランチャード氏とスペンサー ジョンソン氏。両氏ともに数多くの著作がある、ビジネス書業界における大ベストセラー作家と言える。スペンサー ジョンソン氏は、販売部数累計特に2600万部を誇る「チーズはどこへ消えた?」の著者でもある。

この本の最大の特徴は、ビジネス小説形式で、簡単に読みやすくマネジャーとして必要な3つのポイントを伝えていることだ。

まずは1分間目標設定:
明確な目標と達成基準を設定し、上司と部下が合意した上で、それを明文化する。
目的ごとに1枚の紙に書き、1分で読めるようにする。

■ 目標に到達した場合
1分間称賛法:

すぐに行動を褒める、褒める時は具体的に、それについてどう感じたか等の気持ちも話す

■ 目標に到達しなかった場合
1分間叱責法:

すぐに行動を戒める、叱責する際には具体的に、それについてどう感じたか等の気持ちも話す

(本書P123から抜粋)

非常にシンプルであるが、真を捉えたものだ。詳細なエッセンスを得る為にも是非ともこの「1分間マネジャー」を読んでいただきたい。

また、本書の中には、訳者(小林薫氏、産能大学教授)によるあとがきで、組織行動の理論的な観点から本書が補足されている。訳者のあとがきも注目だ。

■ 発売日
1982年に発売された。

*1 筆者のWebサイトより

-組織・リーダーシップ論本

Copyright© 大切なことはビジネス書から学んだ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.