組織・リーダーシップ論

全員で経営指標を共有する – オープンブックマネジメント

投稿日:

オープンブックマネジメントという言葉を聞いたことがあるだろうか?

オープン:公開する
ブック:帳簿
マネジメント:経営手法

というものであり、会社の財務状況をすべての社員に公開し、これにより働く人の自律性(仕事に関する当事者意識の向上や、自主的に利益に繋がる行為を率先して行う)を高め、生産性を上げようというマネジメント手法である。

このオープンブックマネジメントが世界的に注目される契機は、ジャック・スタック氏が1992年に発表した著書「The Great Game of Business: The Only Sensible Way to Run a Company」(日本語版:その仕事は利益につながっていますか?―経営数字の「見える化」が社員を変える)であろう。

この本では、ジャック・スタック氏は、オープンブックマネジメントの手法によって再建させたスプリングフィールド・リマニュファクチャリング社(現SRC Holdings)の経験を通じて得た「経営革新ゲーム」という経営手法について解説している。

そもそも、このスプリングフィールド・リマニュファクチャリング社は、深刻な経営難に陥っていた会社から、現場のマネジメント層が、リストラを恐れて工場を買い取って出発した会社であり、この逆風の中で生み出された、そして、実際に経営しながら発展してきたのがこの経営手法である。

公式ホームページによると、スプリングフィールド・リマニュファクチャリング社(現SRC Holdings)は、現在、1200人の従業員を抱え、売上は450億円を超えるという(書籍によると社員は119人で発足したようだ)。また、株の価値は、発足した当初の1983年に比べて、現在は36万パーセントも上昇しているとのことだ。

まさにこの企業戦略はリアルな企業戦略である。

■ 発売日
その仕事は利益につながっていますか?―経営数字の「見える化」が社員を変える)」の原著、「The Great Game of Business: The Only Sensible Way to Run a Company」は、1992年に発表された。

著者は、スプリングフィールド・リマニュファクチャリング社のPresident & CEOのジャック・スタック氏。

-組織・リーダーシップ論
-

執筆者:

関連記事

1分間マネジャー – 卓越したマネジャーになるための古典的名著

マネージャー論、日本で言えば、課長論を語ったビジネス書は実に多い。それだけ、人のマネジメントというのは悩みが多いものだ。 その中でも最も売れているビジネス書と言えば、この「1分間マネジャー」だろう。1 …

不機嫌な職場 – 協力できないワケとは?

「関わらない」「協力しない」「助けない」という職場が増えているという。なんとなく雰囲気が悪く、ギスギスしている職場だ。 実は私もそう感じ続けている。以前の会社には、同期、先輩、後輩という役職や担当を超 …

トヨタから育て方を学ぶ

もっと部下が働いてくれたら、、、 と思いながらも、現在の厳しいこのご時世では業務は待ったなし。結局、部下に頼んだ仕事の一部を引き取ったり、いつも案件をクロージングする為に営業同行したり、忙しさのあまり …

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない話である。そして、みんながうすうす、そう感じているのではないか? 悪いヤツほど出世するでは、そのうすうす感じていたものに冷静な結論を導き出している …

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいないだろう。では、フォロワーシップはどうだろうか? 「え?何?フォロワーシップって?」という人も多いのではないだろうか? フォロワーシップとは、 …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。