マーケティング

究極のセールスマシン – 売上を上げたいすべての人へおすすめの1冊

投稿日:

売上が足りない。ほぼすべての企業の営業に関連する人が抱える悩みだろう。

そこでどうするか? 気合で営業に回る死ぬ気で営業する、と気合論に走る人も多いかもしれない。そういう人には先月末の事を考えてほしい。先月末も気合論を話していませんでしたか?と

結局、安定的に売上を上げていくためには、営業の気合論ではなく営業の組織論が必要だ。つまり、強い営業組織を作る必要があるのだ。そんな強い営業組織を作りたいと考える方に推薦させていただきたいのが、今回の紹介する名著「究極のセールスマシン」である。

売り方本(販売職を対象にした指南本)は数多くあるが、マーケティング・営業施策を包括的な視点でというビジネス書はなかなかない。この本は営業組織本、そして、営業業務効率化本という点で名著なのである。

この本には、
・ 効率を高める時間管理術
・ 営業マンのトレーニング方針
・ 営業マンの採用方針
・ 顧客のセグメンテーション
・ 営業に結びつけるためのマーケティング戦略
・ 営業プレゼンテーション&売り込み方法
・ アフターフォローの方法
などが含まれる。

これを12章(12分野の技能)に分けて詳しく解説している。

そして、本書ではこの内容を「断固たる規律と決意」を持って「繰り返し実行」実行することの重要性を述べている。

この本に書かれている戦略を実行に移すことも、あなたの組織を「究極のセールスマシン」に変えることも、決して難しくはない。大切なのは、「断固たる規律と決意」を貫きつつ、この後、説明する12分野の技能を繰り返しトレーニングして修得することだ。(本書P23)

売上が欲しい、そう考える営業組織のリーダーは、是非とも「究極のセールスマシン」を読んでみてはいかがだろうか? おすすめのビジネス書である。

■ 発売日
究極のセールスマシン」の原著「The Ultimate Sales Machine: Turbocharge Your Business With Relentless Focus on 12 Key Strategy」は、2007年に発売された。

著者は、米国で著名なコンサルタントであるチェット・ホームズ氏。

-マーケティング
-

執筆者:

関連記事

もうプレゼンで悩みたくないあなたに送る

プレゼンテーション、もしくは、プレゼン。胃が痛くなるテーマである。 プレゼンのゴールは、「プレゼンを通して契約を成約させたい」というような「説明を通して相手にアクションを起こしてほしい」ということだろ …

売るために消費者心理を理解しよう

マーケティングの一つの重要な要素として消費者心理を理解するということがある。 消費者は1人の生身の人間である。そのため、思わず買ってしまうという心理がそこにはある。 私は、特にビジネス書が大好きでいろ …

初心者がデータ分析力を得るために

これからの時代、すべての人にデータ分析力が求められて行くだろう。 例えば、以前にも増して、データ分析力が求められている職種にマーケター(マーケティング担当者)がある。 これは、データドリブンマーケティ …

4つのブランドを立て直した 八方塞がりを打破するマーケティング

「4つのブランドを立て直した 八方塞がりを打破するマーケティング」の著者は、欧州系ラクジュアリーブランドの社長を歴任した、高倉豊氏。 高倉氏は、ジバンシーの化粧品部門を日本で躍進させた人物としても知ら …

究極のセールスレター:効率的なダイレクトメールの作り方とは

インターネットを使って見込み客のリストを作り、そこにへeメール(ダイレクトメール)を送る。そんな作業をしている方も多いだろう。 eメールの時代になってもダイレクトメールを作るという作業は非常に難しい。 …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。