組織・リーダーシップ論

企業変革力 – 組織を変革する為に必要なこと

投稿日:2014年3月21日 更新日:

企業の変革、組織の変革」、いま企業にもっとも求められていることだ。

これだけ変化が激しい世界で、ずっと同じようにビジネスを実行して行くのは難しい。そんなことが分かっていても、自分の仕事のやり方が変わると聞けば、抵抗する人も多いだろう。つまり、「変革を求められている、しかし、変革が難しい」というジレンマはビジネスにおいて普遍的なように思える。そして、最も重要なのが年々「変革」に対する要求が高まっていることだ。

今回ご紹介する「企業変革力」は、この企業変革に関するビジネス書の古典的名著といえるだろう。この本のオリジナルの発売は、1996年と今から18年前のことであるが、現在でも組織変革に関する名著として多く支持を集めているといえるだろう。

まず、本書ではなぜ企業変革がうまくいかないかを以下の8つのポイントとしてまとめている。

従業員の現状満足を容認する
変革推進のために連帯を築くことを怠る
ビジョンの重要性を過小評価する
従業員にビジョンを周知徹底しない
新しいビジョンに立ちはだかる障害の発生を許してしまう
短期的な成果をあげることを怠る
早急に勝利を宣言する
変革を企業文化に定着させることを怠る
(本書P36より)

そして、それに対して、第2部として8段階の変革プロセスについて述べている

危機意識を生みだせ
変革を進めるための連帯
ビジョンと戦略を作る
ビジョンを周知徹底する
従業員の自発を促す
短期的な成果の重要性
成果を活かしてさらに変革を進める
新しい方法と企業文化
(本書の目次より抜粋)

変革におけるリーダーシップの重要性も説かれている本書において、学習を続ける意志と能力の重要性についても述べられている。数多くの本でも議論されているが、リーダーシップは生まれ持った物ではなく、リーダーになるものである。

今から18年以上に書かれた本であるが、ビジネスマンにお勧めの名著といえよう。

■ 発売日
経営書の名著ともいえる本書「企業変革力」の原著「Leading Change」は、1996年に発売された。著者のジョン・P・コッター氏は、現在は、ハーバードビジネススクールの名誉教授を勤めている。

-組織・リーダーシップ論
-

執筆者:

関連記事

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいないだろう。では、フォロワーシップはどうだろうか? 「え?何?フォロワーシップって?」という人も多いのではないだろうか? フォロワーシップとは、 …

おすすめのリーダーシップ・ビジネス書 – 10冊のベスト&ロングセラー・必読の名著

ビジネス書における人気カテゴリーとして「リーダーシップ本」と「イノベーション本」がある。イノベーション本についてはこちらを参考にしていただくとして、今回はリーダーシップ本のおすすめについて考えていたい …

仕事ができる上司は部下を潰す? – 部下を無責任にしないためには?

以下は会社でよく見るストーリーだ。 「現場でバリバリと成績を出し、管理職になった。管理職でもその勢いでバリバリと仕事をこなしている。今はもっぱら、管理職として部下を育てようと懸命に支援している。 ピン …

カリスマリーダーはもういらない? サーバントリーダーシップ – 真のリーダーシップとは

リーダーシップと聞けば多くの人は「俺についてこい」という強力なカリスマ的なリーダーシップを思い浮かべるだろう。 成功者の自伝等を読めば、その人のカリスマ性が浮きだって見えることが多い。しかし、昨今のリ …

東京ディズニーランドの人材育成術 – 楽しそうに働いている秘密とは

東京ディズニーランド、いつ行っても楽しい場所だ。そして、私たちだけでなく、 ・アトラクションごとにその雰囲気にテーマに完全にとけ込んでいる係員 ・どんな質問にも快く回答してくれる清掃員 などなど、スタ …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。