組織・リーダーシップ論

意外と会社は合理的 – 会社で理不尽な目にあった時に読みたいビジネス書

投稿日:2014年3月9日 更新日:

「意外と会社は合理的」と聞いて、すぐに合意できる人は少ないだろう。会社に行けば理不尽なことが多く、とてもではないが合理的とは思えないからだ。

そんな多くのビジネスマンに「官僚的な組織」と聞いてどう思うだろうか?

非効率、不正の温床、そんな印象を持つだろう。そこにいる人は、かなり業務効率が悪く、そして、ビジネスの結果も出にくい。そうお考えの方が(私含めて)ほとんどだと思う。

そこで、一歩下がって考えたい。最も効率的にそして、安定して、サービス&物を生産しているのは大企業である。そして、多くの大企業が官僚的な組織構造を持っている。

これってどういうことのなかのか?

この「意外と会社は合理的」では、官僚的な機構について、「洗練された道具とは言いがたいが、ピラミッド組織をうまく機能させる為には最適な選択肢(本書P125)」としている。そしてこの本では、アメリカ軍やマクドナルドの例などを元に解説している。

そう、組織は1人のサラリーマンが見える範囲では語れない以上に複雑で、非効率的に見えることも意外に合理的であると説明しているのがこの本である。

サラリーマンをやっていれば、組織が非合理的、不公平的に感じる最大のポイントはボーナス査定、つまり報酬の面であろう。タイミング的に運が良かった人、報酬体系に詳しくそれに合わせてポイントを稼いでいる人などが、よい報酬を受け取り、真に貢献している人は不利になっていると愚痴る人も多い。

この話題についても本書で豊富に議論されている。

最も優れた従業員が不満や幻滅を抱いているのは、組織が機能している証拠ということになる(本書P83)」と、本書ではばっさりと解説されている。しかし、この内容を書評で読んだだけでは全く納得できないだろう。

詳しい理論は知る為に是非とも「意外と会社は合理的」を読んでほしい。実際の例をベースに説明されているため、本書は非常に読みやすい。

この組織がいかに機能しているかということを知ることは、組織で働く人のストレスを減らすことにつながると思う。サラリーマン必読の書だろう。

■ 発売日
意外と会社は合理的」の原著、「The Org: The Underlying Logic of the Office 」は、2013に発売された。

著者は、コロンビア大学ビジネススクール教授のレイ・フィスマン氏とハーバード・ビジネス・レビュー・プレス編集長、ティム・サリバン氏。

-組織・リーダーシップ論
-

執筆者:

関連記事

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだろう。いろいろなしがらみや常識、そして、変化への恐怖など、なかなか仕事のやり方を変えるのは難しい。 しかし、そんな常識を吹っ飛ばすような企 …

トヨタから育て方を学ぶ

もっと部下が働いてくれたら、、、 と思いながらも、現在の厳しいこのご時世では業務は待ったなし。結局、部下に頼んだ仕事の一部を引き取ったり、いつも案件をクロージングする為に営業同行したり、忙しさのあまり …

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいないだろう。では、フォロワーシップはどうだろうか? 「え?何?フォロワーシップって?」という人も多いのではないだろうか? フォロワーシップとは、 …

リーダーになる – リーダーシップ論の古典的名著

リーダーの仕事って一体なんだろう。非常に難しいテーマだ。 職場でリーダーが強調される場面としては、 「リーダーなんだから決めてください」 「リーダーなんだから規範を示してください」 と、難しい時が多い …

自分の強みを見つけてビジネスリーダーとしてを成功しよう

このストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めようのポイントは明快だ。 スティーブ・ジョブス(アップルの躍進を支えたカリスマ経営者)に憧れても、だれもが、スティーブ・ジョブスにはなれな …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。