自己啓発

ビジネス書で学ぶギブ&テイク – 与え続けることで成功する

投稿日:2014年3月21日 更新日:

ギブ&テイク、つまり、「与えたら、頂く」、双方にバランスが取れた取引である。

このギブ&テイクを考えると人間間の関係は、3つのパターンが成り立つ。

ギブ&ギブ 何かを得ようとせずに、どんどん与え続ける (尚、本書の中ではギバーと表記している)
テイク&テイク どんどん何かを得続ける、そして与えない (尚、本書の中ではテイカーと表記している)
ギブ&テイク 自分が与えた分だけもらう(もらった分をあげる、あげた分だけもらう、尚、本書の中ではマッチャーと表記している)

そして、この3つのパターンの中で、成功する人が取っているパターンはどのパターンであるか? これを解説したのが、「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 」である。

本の副題が、「与える人」こそ成功する時代と書いてなっているので、結論は本の表紙を見ればある程度わかる。しかし、本題はコンセプトはわかるが、本当であるか?というのが、凡人の最大の関心であろう。

つまり、なんだかんだいって、テイク&テイクの人が一番成功しているのではないか? 良い人は様々な人に利用されて終わってしまっているだけなのではないか? というのが誰もが思っていることであろう。

これへの1つの答えが、この本で解説している「成功している与え続ける人の条件」である。単に与えつづけるだけでなく、与え方にもポイントがあるのだ、これがこの本の最大のポイントともいえよう。詳しくはこの本を読んでほしいが、その一つが与える人を選ぶということだろう。

最後になるが日本でも似たような研究がなされている。大阪大学大学院人間科学研究科の研究グループが「情けは人の為ならず」を科学的に実証したのだ(リリースはこちらから)。2014年、与える人は外せないキーワードだろう。

◼︎ 発売日
GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 」の原著「Give and Take: A Revolutionary Approach to Success」は、2013年に発売された。原著のタイトルを直訳すれば「ギブ&テイク:成功への革命的なアプローチ」ということになるだろう。

著者は、ペンシルベニア大学ウォートン校教授のアダム・グラント氏。2014年のベストセラービジネス書になる予感の本である。

-自己啓発
-

執筆者:

関連記事

自分の強みを見つけてビジネスマンとしてを成功しよう – さあ、自分の才能に目覚めよう、ストレングス ファインダー 2.0

「あなたの長所と短所を答えてください」、面接では定番の質問だろう。では、あなたは自分の強みを正確にに理解しているだろうか? いや、転職活動のために無理やり考えたのです、いや、でも、もちろん友達も評価し …

グローバルエリートになりたいならまずは基本に忠実に – 世界のエリートはなぜ、この基本を大切にするのか?

この本の著者は、戸塚隆将氏の経歴がすごい。著名な投資銀行、ゴールドマン・サックス、そして、著名な戦略コンサルティングファーム、マッキンゼー、そして、ハーバード大学でMBAを取得したという、これ以上華麗 …

不安の正体 – 将来に向けての漠然とした不安を解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。その上、終身雇用の崩壊よりリストラは激しさしている。グローバル化による激しい市場変化など、とにかく不安定な時代になってきた。 それ …

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 – 親父が教えてくれるビジネスマンとしての基礎

この「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」は、1987年(昭和62年)の日本での大ヒットベストセラーである。この時代にすでに大人だったら、あ、そういえばという本である。ネットなどまだない時代であ …

「自分の強み」を活かしてビジネスで成功する

「自分の強みを活かしてビジネスマンとして成功する」 こう書くと当たり前のことを書いているだけのように感じるだろう。では、自分の強みを何であるか?という質問に即答出来る人は少ないだろう。 アメリカの調査 …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。