自己啓発

「自分の強み」を活かしてビジネスで成功する

投稿日:2013年11月10日 更新日:

「自分の強みを活かしてビジネスマンとして成功する」

こう書くと当たり前のことを書いているだけのように感じるだろう。では、自分の強みを何であるか?という質問に即答出来る人は少ないだろう。

アメリカの調査会社ギャラップ社は、この個人の強み(つまり、自分の強み)について長年の研究を行っている機関だ。このギャラップ社の調査を元にした著作「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」のなかで自分の強みとして、

1.人の才能(人の強み)は1人一人独自のものであり、永続的なものである。
2.成長の可能性を最も多く秘めているのは、一人ひとりが一番の強みとして持っている分野である。

と述べている。ここで言う才能は、マイケル・ジャクソンの音楽の才能というような非常に特異で世界的に有名なものではない。ここでいう才能(強み)は、誰もが持っている「習慣的に行っているビジネスの効率を上げる習慣的な行動」であり、例えば、人の名前を覚えるのが得意、というものである(参考:「まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う」)。

この自分の強み(=才能)を活かして仕事することにより、他の人とは全く別次元の非凡なビジネスパフォーマンスを発揮できる可能性があるのだ。

つまり、自分の強みを知り、部下の強みを知り、他のチームの構成員の強みをすることによって、企業は大きく成長できる。これが、ギャラップ社の調査結果とも言えるだろう。

次に出てくる質問は、自分の強み(=才能)は何であるかということだ。これに関してギャラップ社は、34の資質に分類している。この34の資質のうち、自分がどの資質を持っているのか、その上位5つについては、ギャラップ社のオンラインテストを受検することでわかる。

これについては、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」に付属してくるコードで受検することが出来る。

自分の強みを活かして、是非とも成功するビジネスライフを送ってほしいというのがこのポストのテーマである。

■ ギャラップ社の強みに関する書籍の紹介

自分の才能=強みは何であるか?というストレングス・ファインダー(強み発見テスト)へのアクセスコード付きの書籍。強みの34の種類の解説。その強みをどのように活用して行けばいいのかなどを解説している。書評はこちらから。


強みを活かしたリーダーシップを解説した書。自分の強みだけではなく、強みを活かしたリーダーに向けての書籍。ストレングス・ファインダー(強み発見テスト)へのアクセスコード付き。書評はこちらから。


強みを活かした組織の運営方法に関して述べた書籍。ここでルールを破れといっているのは、「固定観念を捨てて、強みを活かした組織運営にしたほうが良い」と考えて良いだろう。尚、この本にはオンラインテストのコードはついてこない。書評はこちらから。

-自己啓発

執筆者:

関連記事

採用基準 – 地頭よりもリーダーシップが重要?

採用基準。知りたいテーマだ。どいうやったらよい仕事(まあ、良い仕事の定義はいろいろあるだろうが)を得られるかはビジネスマンの最大の関心と言っていいだろう。 更にあの有名なコンサルティングファーム、マッ …

ゾーンに入る為にはどのようにしたらよいのか?

「ゾーンに入る」という言葉がある。非常に生産性が高く、はまっている状態だ。 スポーツをしている人ならば、ゾーンに入ればいままでの練習で必ず失敗していたプレーができるであろうし、プログラマーであれば、非 …

悪い習慣を変えたいと考えるあなたへ

誰にでもある習慣。自分自身もはっきりと理解していないこの習慣によって良い結果も、悪い結果も生み出されてるとしたら、、、、まずは、習慣を変えないといけないだろう。 でも、その前にそもそも習慣ってなんだろ …

グローバルエリートになりたいならまずは基本に忠実に – 世界のエリートはなぜ、この基本を大切にするのか?

この本の著者は、戸塚隆将氏の経歴がすごい。著名な投資銀行、ゴールドマン・サックス、そして、著名な戦略コンサルティングファーム、マッキンゼー、そして、ハーバード大学でMBAを取得したという、これ以上華麗 …

ビジネス書で学ぶギブ&テイク – 与え続けることで成功する

ギブ&テイク、つまり、「与えたら、頂く」、双方にバランスが取れた取引である。 このギブ&テイクを考えると人間間の関係は、3つのパターンが成り立つ。 ギブ&ギブ 何かを得ようとせずに、どんどん与え続ける …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。