経営戦略

MBA を独学で – Personal MBA

投稿日:2013年11月10日 更新日:

MBA、正確に言えば、Master of Business Administration、ビジネススクールと言われる大学院に行けば得られる学位だ。

アメリカではこのMBAを取得することは経営幹部への近道だとされてようだ。

ビジネススクールではビジネス全般、例えば、ビジネス戦略、マーケティング、ファイナンス、組織論などを学ぶ。オーソドックスな形でMBAを独習したいということであれば、以前に紹介した、10日間で学ぶMBA (原題:The Ten-Day MBA)が古典的なMBA速習本として有名だ。この、10日間で学ぶMBAの著者はアメリカの著名なビジネススクールでのMBA取得者であり、本の内容もアメリカの著名なビジネススクールの内容を要約するという方針のものだ。

しかし、このPersonal MBAは少し毛色が違うものだ。まず、著者のジョシュ カウフマン氏は、MBAを取得していない。

自身のP&Gでの業務経験や、ビジネスブログ、ビジネス書を読んで構築したビジネス知識を体系化したものが、このPersonal MBAであるのだ。コンセプトは、MBAを独学でということだろう。尚、この本では、MBAをMaster Art of Businessと表現している。もちろん、これは、冒頭に紹介した、MBA:Master of Business Administrationと引っ掛けているわけだが、直訳すれば、ビジネス術の習得ということであろうか。

MBAではないが、本の内容としては、
・ 価値創造
・ マーケティング
・ 販売
・ 価値提供
・ ファイナンス
・ 人の心を理解する
・ 自分と上手につきあう
・ 他の人とうまく協業する
・ システムを理解する
・ システムを分析する
・ システムを改善する
というコース内容になっている。

10日間で学ぶMBA」に比べて、人関係のトピックとシステムについてのトピックに大きく割かれている一方で、ファイナンス、アカウンティング、経済学と言ったいわゆるお勉強の部分は少なくまとまっている印象だ。これが、Personal MBAが、よりリアルということなのだろう。

尚、より深くビジネスを学びたい人には、巻末に豊富な参考図書が紹介されており、より深く学べることとなっている。独学でビジネスを学びたいという人にはおすすめの本だ。

■ 発売
The Personal MBA – Master the Art of Businessは、アメリカで2010年に発売された。

-経営戦略
-

執筆者:

関連記事

これからのビジネスは非常識人が作る – ファンキービジネス

ファンキービジネス。表紙にはスキンヘッドの頭がぶつかり合う姿。これを見て、あなたはどう思っただろうか? ファンキービジネスは、20世紀の最後に書かれた「今後ビジネス世界の秩序はこうなる」というビジネス …

驚きの真実:偉大な企業になるためには? – ビジョナリー・カンパニー 2 飛躍の法則

「良好(グッド)は偉大(グレート)の敵である」この言葉から始まる「ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則」。 この本は、この言葉どおりに良好な会社と偉大な会社の差は何があったのか(つ …

なぜ優良企業こそが衰退するのか – それがイノベーションのジレンマ

成功を収め、大きなマーケットシェアを持っている業界トップの優良企業。この企業が、保有するその優れた製品を継続的に改善すれば、その繁栄は永遠に続くと思われる。 しかし、実際には、そうはならない。このよう …

6人の経営学者を知れば、経営戦略書は語れる?

広く知られている経営学者で大ヒットの経営戦略書を書いるのはだれか?今回はそんなテーマについて書かせていただきたいと思う。 実際に、ビジネスマンとしての会話の中で「コリンズのビジョナリー・カンパニー」の …

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配し、高収益を上げるグローバル企業だ。 この高収益企業から学ぶことができればと思う人も多いだろう。しかし、入社するのは大変難しい。た …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。