自己啓発

悪い習慣を変えたいと考えるあなたへ

投稿日:2013年12月31日 更新日:

誰にでもある習慣。自分自身もはっきりと理解していないこの習慣によって良い結果も、悪い結果も生み出されてるとしたら、、、、まずは、習慣を変えないといけないだろう。

でも、その前にそもそも習慣ってなんだろう。まず、習慣といったら良い習慣なんてあまり持ってない人のほうが多いと思う。大抵は、金曜日に痛飲してしまい土曜日を毎週棒に振るとか、禁煙すると宣言することが習慣化しているといった恥ずかしい習慣が多いだろう。

しかし、この習慣どこから来ているのか、と考えるとよくわからない。いや、金曜日だからついつい酒を飲むと、とか、タバコには依存症があるからとか、つまり、もっともらしいついついというケースが多い。別にわざとやっているわけでもなく、習慣化してしまっているのでその習慣に動かされてしまっているのである。

だから、なかなか習慣は変えられない。そんな人は是非進めたいのがこの習慣の力だ。

この習慣の力では、習慣を徹底的に分析している。そして、習慣の仕組みを「きっかけ→ルーチン→報酬」と解析し、「それを習慣化させる欲求」というベースがあると分析している。

アマゾンで著者、チャールズ・デュヒッグ氏による「習慣の力の紹介ビデオオ」が見れる。是非、「習慣の力」の分析について見てほしい。

更に驚きなのは、この習慣の力によって、ビジネスの成果向上につなげることが出来るという。それには、キーストーン・ハビットと言われるような重要な習慣の認識とそれを変える必要があると説く。

最後には自分の習慣を変えるためのガイドもついている。

とにかく、本書によると「全行動の4割は習慣」なのだそうだ。それだけ習慣は重要なのである。

成功した人だけでなく、単に悪い習慣を変えたい人にも必読の書といえるだろう。

■ 発売日
原著は、2012年アメリカで発売された。原著のタイトルは「The Power of Habit: Why We Do What We Do, and How to Change」であり、多少を意訳も含んでいるが訳すならば「習慣の力:なぜ私達はやるのか、私は何をやるのか?そして、それをどのように変えられるか」ということになるだろう。

著者は、ニューヨーク・タイムズ紙記者のチャールズ・デュヒッグ氏。この本は、アメリカではベストセラーであり、2012年アマゾン・ドット・コム(アメリカのアマゾン)で、総合ベストセラーランキング26位である。

-自己啓発

執筆者:

関連記事

自己啓発本: 10冊のおすすめのロングセラー&ベストセラーな必読の名著

自己啓発本と言われているビジネス書は、毎月のように大量に新刊書が出版される。そして、その多くは忘れされてれていくと言っても過言ではない。そこで、このページでは、ロングセラーなベストセラー(つまり今まで …

「原因」と「結果」の法則 – 全ては自分から

毎月、次々と出版される自己啓発書。この果てしない自己啓発書の出版ラッシュの中でどの本を読めばいいのか? 非常に答えにくい質問である。 その一つの答えが「原因」と「結果」の法則。原書は、1902年にイギ …

ゾーンに入る為にはどのようにしたらよいのか?

「ゾーンに入る」という言葉がある。非常に生産性が高く、はまっている状態だ。 スポーツをしている人ならば、ゾーンに入ればいままでの練習で必ず失敗していたプレーができるであろうし、プログラマーであれば、非 …

グローバルエリートになりたいならまずは基本に忠実に – 世界のエリートはなぜ、この基本を大切にするのか?

この本の著者は、戸塚隆将氏の経歴がすごい。著名な投資銀行、ゴールドマン・サックス、そして、著名な戦略コンサルティングファーム、マッキンゼー、そして、ハーバード大学でMBAを取得したという、これ以上華麗 …

不安の正体 – 将来に向けての漠然とした不安を解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。その上、終身雇用の崩壊よりリストラは激しさしている。グローバル化による激しい市場変化など、とにかく不安定な時代になってきた。 それ …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。