自己啓発

自分の強みを見つけてビジネスマンとしてを成功しよう – さあ、自分の才能に目覚めよう、ストレングス ファインダー 2.0

投稿日:2013年11月9日 更新日:

「あなたの長所と短所を答えてください」、面接では定番の質問だろう。では、あなたは自分の強みを正確にに理解しているだろうか?

いや、転職活動のために無理やり考えたのです、いや、でも、もちろん友達も評価しています、など曖昧な答えが帰ってくる事が多いだろう。

今回紹介する自己啓発のビジネス書「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」の特徴は、米国の調査会社であるギャラップ社が、200万人以上のインタビュー調査に基づき、強みを34の資質に分類し、それをベースに開発したオンラインテストによって、自分の強みがわかる「オンラインテスト付き」の書籍である

つまり、この本を買っただけでは自分の強みはわからない。オンラインテストを受ける必要がある。オンラインテストのコードが本の巻末に付いている。コードは一回しか使えないため、中古ではなく新品の本を買ったほうが良いだろう)。

そのテスト結果を元に「発見された自分の強みをどのように強みを活かしていくか」についてこの本が助けてくれる。つまり、単なる強みの説明だけでなはく、自分の強みを活かしてどのような仕事がフィットするかも解説し、それが自分のキャリア開発に役立てられるのだ。

本書によると「何より強みを知ることで人は成長する」と答えた人はアメリカでは41%だったのに対し、日本と中国ではわずか、24%に過ぎなかったらしい。日本人は強みを築くにあたって、失敗に対する恐怖、弱点に対する恐怖が強いのであろう。

ただ、強みを生かして仕事をしたほうが楽しいに決まっている。そのうえ、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」では、発見された強みをさらに強化する方法も解説している。是非、強みを活かして楽しいビジネスマン生活を送っていただきたい。

尚、この紹介したストレングス・ファインダー 2.0 は、2.0というだけあって、第2バージョンである。日本では、長らくバージョン1といえる「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」が販売されてきた。待望の新版2.0は、2017年4月に発売された。お間違いのないように

■ 発売日
2001年に発売された米国で発売された、バージョン1といえる原著「Now, Discover Your Strengths」は、アメリカで大ヒットとなった。アマゾン・ドット・コム(アメリカ版)の総合ベストセラーランキングにおいて、発売年の2001年は、17位、2002年は、10位と継続してヒットになっている。

そして、アメリカでは、2007年にその続編ともいえる「strengths finder 2.0」が出版されこれも大ヒット。日本では、2.0は、発売より10年の月日を経て
2017年に ようやく発売された。ちなみに国内ではシーリーズ累計65万部突破らしい。

もちろん、アメリカでは、2000年以降に発売したビジネス自己啓発書で、もっともヒットした書物の一つとなっている大ヒット書籍である。

-自己啓発
-

執筆者:

関連記事

ゾーンに入る為にはどのようにしたらよいのか?

「ゾーンに入る」という言葉がある。非常に生産性が高く、はまっている状態だ。 スポーツをしている人ならば、ゾーンに入ればいままでの練習で必ず失敗していたプレーができるであろうし、プログラマーであれば、非 …

「自分の強み」を活かしてビジネスで成功する

「自分の強みを活かしてビジネスマンとして成功する」 こう書くと当たり前のことを書いているだけのように感じるだろう。では、自分の強みを何であるか?という質問に即答出来る人は少ないだろう。 アメリカの調査 …

グローバルエリートになりたいならまずは基本に忠実に – 世界のエリートはなぜ、この基本を大切にするのか?

この本の著者は、戸塚隆将氏の経歴がすごい。著名な投資銀行、ゴールドマン・サックス、そして、著名な戦略コンサルティングファーム、マッキンゼー、そして、ハーバード大学でMBAを取得したという、これ以上華麗 …

人間関係でお悩みの方へ、まずは自分から行動しよう – 自分の小さな「箱」から脱出する方法

「箱」から出る、という話を聞いたことがある人も多いだろう。箱ってなんだろう、と思っていた人もいるかもしれない。 2001年の日本での発売以来(途中で出版社は変わっているが)、ロングセラーとも言える自己 …

いつも損ばかりしていると感じている人へ読んでほしい3冊の本

仕事でいつも損ばかりしている。そう感じている人は多いかもしれない。 我慢して色々やっていればいずれ神様が見ているというキレイ事はなるべく言いたくない。損をしないでやった分はしっかりと認めてもらったほう …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。