仕事術・交渉術・思考方法本

伝え方に悩むすべての人へ - 伝え方の教科書

更新日:

人にどうやったらYesと言ってもらえるのか?人を動かす伝え方って何? みんな日常的に悩んでいるテーマだろう。

よくある話として、相手の目線にたって物事を話すということだ。ただ、相手の目線で伝えてといわれても「どのようにして相手目線の伝え方を組み立てていったらいいのか?わからない」という人がほとんどだろう。

言っていることはわかるがやり方がわからない、これが今までの「伝え方学習」の問題点だ。

2013年の大ヒットベストセラー「伝え方が9割」をご存じだろうか? 伝える内容ではなくて伝え方が9割とするこの本。 2013年の発売以来、売れに売れ続け、シリーズ累計100万部以上販売した大ヒットベストセラーである。

筆者は、大手広告代理店博報堂出身のコピーライター、佐々木圭一氏。佐々木氏はあるとき「伝え方」には技術があることを発見したからこの本は生まれた。技術があるということは「教えられる」ということだ。 つまり、この 「伝え方が9割」 では、Yesと言わせる伝え方を作るにあたって、構造的にその方法を解説している伝え方の教科書である。

「デートしてください」

(中略)

「驚くほど旨いパスタの店があるのだけど、行かない?」

伝え方が9割 (P2からP3)

確かに。「デートしてください」という自分本位の言葉より、よりYesが言いやすい言葉になっているが、結果的にはデートに行くという言葉で同じである。

これだけ見れば、その通りであるが、前述のようにこの言葉をどうやって作りだしたらいいのかわからない。作り方は是非、本書 「伝え方が9割」 を読んでほしい。

本書には、手帳に挟める”超縮小版「伝え方が9割」がついており、そこに「ノー」を「イエス」に変える技術”と”「強いコトバ」をつくる5つの技術”がついてくる。是非も持ち歩きたいものだ。

この伝え方が9割、加筆増強した「伝え方が9割 2を合わせて、シリーズで100万部を突破したようだ。佐々木氏は、さすが大ヒットを生むコピーライターである。

これからのこの本を買う人は、 加筆増強した「伝え方が9割 2 を読むのが良いだろう。伝え方が9割のシリーズ1を読まなくても、この本は理解できし、伝え方もマスターできるだろう。本が苦手な人にはマンガ版も出ているが、この本自体はかなり読みやすい。

是非、Yesを勝ち取る伝え方をマスターしてほしい。

-仕事術・交渉術・思考方法本

Copyright© 大切なことはビジネス書から学んだ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.