経営戦略

戦略的思考を学び、それを企業経営に活かしたいとお考えの方への良書:企業参謀

投稿日:2013年12月2日 更新日:

大前研一氏といえば日本が世界に誇るビジネスシンカー。

この大前氏は、マッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社長、アジア太平洋地区会長などを歴任したことで知られ、日本の戦略コンサルティング業界を作った一人と言ってもいいだろう。

この「企業参謀」は、その大前氏が「戦略的思考とは何か」を解き明かすために1975年に出版した本である。

■ 論理的な思考方法論と実際的な経営管理論の両方が1冊に
この企業参謀の中では、「問題点の抽出と解決のプロセス」や「常に本質に迫るための方法論」などの論理的な方法論が豊富な図表とともに示されている。

また、企業において企業参謀がやるべきこととして中期経営計画の重要性も述べられている。短期的には現場に任せ、長期的には世の中の動きをすべては把握することは難しい、そこで3年、プライスマイナス1年から2年の中期の経営戦計画に重要性があるのだ。本書の中では、その中期経営計画の立案方式を8つのステップで解説している。

これだけでなく、企業参謀として考慮しなくてはいけない点など、かなり読み応えがある内容の経営戦略書だ。40年ほど前に、30歳前半でこの本を出版した大前氏の凄さと、それ以来ロングセラーになっていることも頷ける。

■ 発売日
1975年と今から約40年前に発売されたこの本。尚、本の帯によるとシリーズ累計50万部も販売されているようだ。

まさに日本が誇るビジネス書の名著と読んでいいだろう。

-経営戦略
-

執筆者:

関連記事

優良企業が衰退した共通の理由とは – ビジョナリー・カンパニー 3 衰退の五段階

全部で4作出版されているビジョナリー・カンパニー シリーズ。1作目、2作目、4作目は成功する企業の共通項を法則を導き出した経営戦略書である。 それに対して、この3作目「ビジョナリーカンパニー3 衰退の …

エクセレント・カンパニー すごい企業の共通点をあぶり出す

エクセレント・カンパニー は、元マッキンゼーのコンサルタントであるトム・ピーターズ氏がかつて同僚であったロバート・ウォーターマン氏と書いたビジネス戦略本であり、今も伝説なビジネス戦略本だ。 発行は今か …

経営戦略書:10冊のおすすめのロングセラー&ベストセラーな必読の名著

世の中に経営戦略について解説したビジネス書、つまり、経営書は数多くある。その中で、古典とも言えるロングセラーなビジネス書から最近のベストセラーまで10冊に厳選するということをテーマにおすすめ経営書のリ …

起業したい人におすすめの100万部超のベストセラー – 初めの一歩を踏み出そう

新しい会社はなかなか成功しない。 多くの人が同意する意見だろう。しかし、現実にはメディアなどで成功した起業家が大きくクローズアップされ、世の中に流れる情報としては成功した起業家のほうがかなり多い。その …

MBA を独学で – Personal MBA

MBA、正確に言えば、Master of Business Administration、ビジネススクールと言われる大学院に行けば得られる学位だ。 アメリカではこのMBAを取得することは経営幹部への近 …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。