マネジメントとは何か? – マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則

公開日: : 最終更新日:2013/12/29 経営戦略

ピーター・ドラッカー氏といえば、日本で最も人気がある経営学者の一人である。「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のヒットにより、その熱はまた高まったといえよう。

そして、その女子マネージャーが読んだのが「マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則」である。この本は、1974年にアメリカで発行されたドラッカー氏の大作「マネジメント-課題、責任、実践」の抄訳したものである。

この本ははビジネス書とも定義できるが、どちらかと言えば経営哲学書といったほうが近いだろう。論じてるテーマは、マネジメントとはないか?企業とはなにか?仕事とはなにか?という実に壮大なテーマである。

テーマは多岐に渡るが、以下に抄訳を要約したものをいつくか載せさせていただくと、

マネジメントの3つの役割
・自らの組織に特有の使命を果たすために存在する。
・仕事を通じて働く人たちを生かす。
・自らが社会に与える影響を処理するとともに、社会の問題についても貢献する

マネージャーの仕事
マネージャーには2つの役割がある。
・投下した資源の総和よりも大きなものを産み出す生産体を創造することである。
・ただちに必要とされているものと遠い将来に必要とされているものを調和させていくこと

マネジャーの資質
真摯さである。愛想良くすること、人を助けること、人付き合いを良くすることで十分なはずがない。

のようなものである。非常に哲学的ではあるが多くの基本を教えてくれるのがドラッカーの「マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則」なのである。

かなり哲学書ぽくあるが、是非ともチャレンジしてほしい一冊である。尚、ドラッカー氏は、2005年に死去している。ご冥福をお祈りしたい。

■ 発売日
この本の原著は「Management: Tasks, Responsibilities, Practices」である。1974年にアメリカで発売された。

大ヒットした本だけに原著も日本のアマゾンから購入できる。

関連記事

これからのビジネスは非常識人が作る – ファンキービジネス

ファンキービジネス。表紙にはスキンヘッドの頭がぶつかり合う姿。これを見て、あなたはどう

記事を読む

卓越した企業の条件とは – ビジョナリー・カンパニー 4 自分の意志で偉大になる

卓越した企業というのはどのような企業であろうか? この企業経営において永遠の命題

記事を読む

起業したい人におすすめの100万部超のベストセラー – 初めの一歩を踏み出そう

新しい会社はなかなか成功しない。 多くの人が同意する意見だろう。しかし、現実にはメ

記事を読む

イノベーションとマネ(模倣)の新しい関係

イノベーションと聞くと全く新しい概念を作り上げるという印象を受ける。その一方で、模倣とい

記事を読む

MBA を独学で – Personal MBA

MBA、正確に言えば、Master of Business Administratio

記事を読む

MBA を短期間で学ぶ

これが本当のMBA速習(英語でも) – 10日で学ぶMBA

いつかは、海外のMBAスクールに行ってみたいと思う人も多いだろう。そんな人々へ、MBA

記事を読む

優良企業が衰退した共通の理由とは – ビジョナリー・カンパニー 3 衰退の五段階

全部で4作出版されているビジョナリー・カンパニー シリーズ。1作目、2作目、4作目は成

記事を読む

エクセレント・カンパニー すごい企業の共通点をあぶり出す

エクセレント・カンパニー は、元マッキンゼーのコンサルタントであるトム・ピーターズ氏がか

記事を読む

経営書はこれを読むべき:10冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

世の中に経営戦略について解説したビジネス書、つまり、経営書は数多くある。その中で、古典とも言えるロン

記事を読む

経営戦略をわかりやすく俯瞰的に学びたい方へのおすすめ本

経営戦略本は数多くある。経営戦略もいろいろとある、バリュー・チェーン(競争優位の戦略)、

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑