すぐれたマネジャーはここが違う – まず、ルールを破れ

公開日: : 最終更新日:2013/12/24 組織・リーダーシップ論

ギャラップ社。皆様も聞いたことがあると思われるが、このギャラップ社は、世論調査を実施していることで有名な会社だ。

このギャラップ会社は、様々な調査を行っているようだ。「まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う」では、100万人の従業員と8万人のマネジャーの意見や信念を聞くインタビュー調査に基づき、優れたなマネジャーはどのようにあるべきかを解き明かした本である。

まず、この本はマネージャーが
・ 経験や知識、やる気だけで部下を選ぶ
・ 正しい手順を定めたうえで仕事をさせる
・ 部下が弱点を克服するように手助けをする
・ 部下の昇進を後押しする
ということが必ずしも正しくないとしている。

にわかに信じがたい。この時点で疑問に思った方は、是非「まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う」を読んでほしい。尚、この本のタイトルに「ルールを破れ」と書いてあるのは、何も会社のルールを守れというわけではない。上記のような意見に、にわかに信じがたいとおもうような、今までの固定観念をルールと定義し、それを破れということである。

この原点には、

人はそんなに変わりようがない。
足りないものを植えつけようとして時間を無駄にするな。
そのなかにあるものを引き出す努力をしろ。
これこそ本当に難しい

ということをコンセプトにおいているようだ。そして、人間の個々が持つ「生産性の向上に役立つ考え方や感じ方、あるいは行動の習慣的なパターン」に注力しろと説く。

この書評だけでは到底理解できない難しいコンセプトである。しかし、部下のマネジメントに悩むマネジャーの方には是非とも「まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う」を一度精読してほしいと思う。

何か得るものはあるはずだ。そして、ルール、いや、あなたの固定概念が崩れるかもしれない。

■ 発売日
原著:First, Break all the rulesは、1999年に発売された。

関連記事

リーダーシップとは危険なもの? 現実的な視点からリーダーシップを解き明かす

リーダーシップ、何か、憧れさえあるこの言葉は、さまざまな定義あるだろう。 私が

記事を読む

マニュアル化、仕組み化で業績アップを狙え – 無印良品は仕組みが9割

マニュアル化と聞くとイノベーションとは全く無縁なつまらない業務と考える考える人が多いだ

記事を読む

1分間マネジャー – 卓越したマネジャーになるための古典的名著

マネージャー論、日本で言えば、課長論を語ったビジネス書は実に多い。それだけ、人のマネジメ

記事を読む

自分の強みを見つけてビジネスリーダーとしてを成功しよう

このストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めようのポイントは明快だ

記事を読む

組織論本はこれを読むべき:10冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

多様なトピックをカバーしなくてはいけないのが、人・組織に関しての。そこで、バランスよく組織論本につい

記事を読む

仕事ができる上司は部下を潰す? – 部下を無責任にしないためには?

以下は会社でよく見るストーリーだ。 「現場でバリバリと成績を出し、管理職になっ

記事を読む

不機嫌な職場 – 協力できないワケとは?

「関わらない」「協力しない」「助けない」という職場が増えているという。なんとなく雰囲気が

記事を読む

カリスマリーダーはもういらない? サーバントリーダーシップ – 真のリーダーシップとは

リーダーシップと聞けば多くの人は「俺についてこい」という強力なカリスマ的なリーダーシッ

記事を読む

優れたリーダーの必須3要素とは

「ハーバード流ボス養成講座」とても刺激的なタイトルだ。 ハーバードビジネススク

記事を読む

全員で経営指標を共有する – オープンブックマネジメント

オープンブックマネジメントという言葉を聞いたことがあるだろうか? オープン:公開

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑