ビジネス教養

スクラムで動くITサービスを素早く実現 – アジャイル開発とスクラム

投稿日:2013年11月4日 更新日:

アジャイル開発と聞けば、システム開発の手法だろうと思う人も多いだろう。多くのビジネスマン(つまり、開発者以外)にとっては関係ないことと考えるかもしれない。

このアジャイル開発は、変化に対応して(状況に応じて生産性高く)適応的にシステム開発をすすめる手法であるが、このアジャイル開発は1つの開発手法を指し示したものではない。

このアジャイル開発の一つの手法である「スクラム」は今注目を集めている開発手法だ。しかし、この「スクラム」はもともとはシステム開発の手法ではなかった論文をシステム開発に適応したものに発展させたものなのである。

もともとの「スクラム」は、日本が誇る経営学者の一人である野中郁次郎氏(現一橋大学名誉教授)、そして、竹内弘高氏(現ハーバード大学ビジネススクール教授)が1986年にハーバード・ビジネス・レビューで発表した論文”The New New Product Development Game(新しい新製品開発ゲーム)”の中で述べられている「スクラム」が語源だ。この論文は、日本企業の新製品開発の手法を解説しており、多機能なファンクションのチームが大部屋などに集まり1つの課題に向けて製品開発する様を「スクラム」と読んだところから来ている(尚、このスクラムはラグビーのスクラムからとのこと)。

この論文は、システム開発を念頭に置いたものではなく、新製品の開発手法だったのであるが、これを念頭において、システム開発に適応したのが、システム開発版スクラムである。

この「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」では、システム開発のスクラムと、1986年に発表された新製品開発の手法としてのスクラム両方に触れながら、現在のインターネット企業でどのようにアジャイル開発が行われているかを解き明かした名著である。

情報サービスに関わるビジネスマンにおすすめである。

■ 発売日
2013年発売。

-ビジネス教養
-

執筆者:

関連記事

神秘的な企業:レッドブルの秘密に迫る – レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

レッドブルは謎に満ちた雰囲気がある。レッドブルは実にメディア露出が多い。F1でのレッドブルチームを初めとして、さまざまなエクストリームスポーツをサポート、そして、いろいろなイベントを開催している。 そ …

アメとムチのモチベーション理論からの脱却すすめ

アメとムチ、あまりいい意味では使われないが、「報酬を望み懲罰を恐れる」ということであろうか。そして、このアメとムチという考え方が、現代においてモチベーション(やる気)を考える際に根本にあると言っていい …

実際にビジネスがどう動いているのか? ヤバい経営学

ヤバいという言葉でまず最初に思いついてしまうのが、ヤバい経済学。 経済学の常識を超える「ヤバいネタ」を統計的分析に基づいて解説した、経済学を面白くした世界的に大ヒットだ。 「ヤバい経営学: 世界のビジ …

集合知は意外に正しい

「みんなの意見」は案外正しい – 集合知を解き明かす

「みんなの意見」は案外正しいは、いわゆる集合知について語っている。数多くの人々の意見を寄せ集めることで、その集団が出す結論は専門家よりも的確な答えを導き出すということを統計学的な観点から解説している。 …

失敗から学べ – 米国IT企業の歴史から学ぶ成功の法則

ロングセラーなビジネス書として「失敗の本質」という本がある。日本を代表する経営学者である野中郁次郎氏も共著者として名をつらねるこの本は、第二次世界世界大戦中の旧日本軍の組織的な行動、決断過程の問題点な …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。