ビジネス教養書

スクラムで動くITサービスを素早く実現 - アジャイル開発とスクラム

更新日:

アジャイル開発と聞けば、システム開発の手法だろうと思う人も多いだろう。多くのビジネスマン(つまり、開発者以外)にとっては関係ないことと考えるかもしれない。

このアジャイル開発は、変化に対応して(状況に応じて生産性高く)適応的にシステム開発をすすめる手法であるが、このアジャイル開発は1つの開発手法を指し示したものではない。

このアジャイル開発の一つの手法である「スクラム」は今注目を集めている開発手法だ。しかし、この「スクラム」はもともとはシステム開発の手法ではなかった論文をシステム開発に適応したものに発展させたものなのである。

もともとの「スクラム」は、日本が誇る経営学者の一人である野中郁次郎氏(現一橋大学名誉教授)、そして、竹内弘高氏(現ハーバード大学ビジネススクール教授)が1986年にハーバード・ビジネス・レビューで発表した論文"The New New Product Development Game(新しい新製品開発ゲーム)"の中で述べられている「スクラム」が語源だ。この論文は、日本企業の新製品開発の手法を解説しており、多機能なファンクションのチームが大部屋などに集まり1つの課題に向けて製品開発する様を「スクラム」と読んだところから来ている(尚、このスクラムはラグビーのスクラムからとのこと)。

この論文は、システム開発を念頭に置いたものではなく、新製品の開発手法だったのであるが、これを念頭において、システム開発に適応したのが、システム開発版スクラムである。

この「アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント」では、システム開発のスクラムと、1986年に発表された新製品開発の手法としてのスクラム両方に触れながら、現在のインターネット企業でどのようにアジャイル開発が行われているかを解き明かした名著である。

情報サービスに関わるビジネスマンにおすすめである。

■ 発売日
2013年発売。

-ビジネス教養書
-

Copyright© 大切なことはビジネス書から学んだ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.