採用基準 – 地頭よりもリーダーシップが重要?

公開日: : 最終更新日:2013/12/24 自己啓発

採用基準。知りたいテーマだ。どいうやったらよい仕事(まあ、良い仕事の定義はいろいろあるだろうが)を得られるかはビジネスマンの最大の関心と言っていいだろう。

更にあの有名なコンサルティングファーム、マッキンゼー・アンド・カンパニーの採用担当者を長年勤めた筆者(伊賀 泰代氏)の意見ならより知りたいということだろう。

この「採用基準」の冒頭は、まず一般的に信じられているある事実をまず否定している。え、そうなの?と思うかもしれないが、採用の責任者が書いたことだからこそ説得がある。それは、

「マッキンゼーも地頭が良ければ採用したいと考えているわけではないのです」

ということだ。著名なコンサルティングファームは「いわゆる頭のいい人=地頭のいい人」を積極的に採用しているイメージがある。しかし著者が提示するマッキンゼーの採用基準は、

将来のグローバルリーダー

である。そして、リーダーだけに、その中でのリーダーシップの重要性を解いている。

リーダーシップと言うと、リーダー的なポジションに座る人のみに求められる気がするが、本書の「採用基準」ではチームすべての人がリーダーシップを持って自分の仕事に取り組んで行く必要があると述べる。また、リーダーシップが問題解決に非常に重要だとも述べている。

現実問題として、リーダーシップは一般のサラリーマンには非常に荷が重い問題だ。しかし、本書では、リーダーシップは学べるスキルと定義されている。学べたとしても荷が重いのは事実だが。。。

いずれにしても、コンサルティング会社の頂点であるマッキンゼーが求める採用基準は高いものであることは事実のようだ。尚、当書の冒頭に筆者にはマッキンゼー社と守秘義務契約があることが述べられており、マッキンゼーの採用基準が事細かいに書いて割るわけではない。まあ、筆者によると”「マッキンゼー入社」を目標にしている人は採用されない”とあるので、まあ、そういう意図で本を買っうような人はマッキンゼーの入社試験には受からないということか。

私はこの本の「採用基準」を、将来、グローバルスケールで活躍したいという若者の採用基準ということで理解した。

■ 発行日
2012年11月発行。

関連記事

「自分の強み」を活かしてビジネスで成功する

「自分の強みを活かしてビジネスマンとして成功する」 こう書くと当たり前のことを書いているだけの

記事を読む

人間関係でお悩みの方へ、まずは自分から行動しよう – 自分の小さな「箱」から脱出する方法

「箱」から出る、という話を聞いたことがある人も多いだろう。箱ってなんだろう、と思っていた

記事を読む

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 – 親父が教えてくれるビジネスマンとしての基礎

この「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」は、1987年(昭和62年)の日本での

記事を読む

フロー体験 ゾーンに入る為には?

「ゾーンに入る」という言葉がある。非常に生産性が高く、はまっている状態だ。 ス

記事を読む

自己啓発本はこれを読むべき:10冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

自己啓発本と言われているビジネス書は、毎月のように大量に新刊書が出版される。そして、その多くは忘れさ

記事を読む

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。その上、リストラや激しい市場変

記事を読む

「原因」と「結果」の法則 – 全ては自分から

毎月、次々と出版される自己啓発書。この果てしない自己啓発書の出版ラッシュの中でどの本を読

記事を読む

ギブ & テイク ではなく与え続けることで成功する

ギブ&テイク、つまり、「与えたら、頂く」、双方にバランスが取れた取引である。

記事を読む

自分の強みを見つけてビジネスマンとしてを成功しよう

「あなたの長所と短所を答えてください」、面接では定番の質問だろう。では、あなたは自分の強

記事を読む

グローバルエリートになりたいならまずは基本に忠実に – 世界のエリートはなぜ、この基本を大切にするのか?

この本の著者は、戸塚隆将氏の経歴がすごい。著名な投資銀行、ゴールドマン・サックス、そし

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑