マニュアル化、仕組み化で業績アップを狙え – 無印良品は仕組みが9割

公開日: : 最終更新日:2013/12/24 組織・リーダーシップ論

マニュアル化と聞くとイノベーションとは全く無縁なつまらない業務と考える考える人が多いだろう。マニュアルがあればそれを見たら出来る業務、つまり、マニュアル化はイノベーションの敵とも捉えることが出来る。

しかし、日本の小売業ブランドで、ユニクロとともに世界展開を成功させた企業、無印良品はマニュアル化、仕組み化で業績をV字回復させてたということだ。非常に興味のあるテーマだ。今回紹介している「無印良品は、仕組みが9割」は、良品計画(無印良品の運営会社は良品計画という)の松井忠三会長が、その裏側について執筆した本である。

■ どのようにしてマニュアル化、仕組み化によるデメリットを排除しているのか
マニュアルというものはイノベーションとは程遠く離れているイメージが有る。よくあるイメージは、
・ マニュアルや仕組みが現状と合ってない
・ マニュアルがあるからそれに従っていれば良いということでのモチベーションの低下
ということがある。

しかし、無印良品では、そのマニュアルは現場で実際に業務を行っているスタッフが作っているらしい。つまり、現状に合ってないということもなく、マニュアルを自分のノウハウでアップデートできるということでのモチベーションアップということ好循環が起こっているようだ。

非常に納得感がある内容だ。ちなみに、無印良品では店舗で使うマニュアルを「MUJIGRAM」とよんでいるらしい。なんともおしゃれである。

本書は「今の時代のリーダーに必要なのはカリスマ性ではなくて、現場でも自由にモノがものが言えるような雰囲気を作り、その意見を仕組にしていくこと」とも解いている。「サーバントリーダーシップ」にも通じるが、現場力を活かすマニュアル作りを進めるためには、やはり素晴らしいリーダーが必要だと感じだ。

業務効率化、そして、モチベーションアップなど様々な効果を生む仕組み化、全社的に導入しないと効果はないかもしれないが、まずは自分の周りからでも考えてみたい。

素晴らしいノウハウが色々と詰まっている名著である。

■ 発行日
2013年7月に発行された。

関連記事

すぐれたマネジャーはここが違う – まず、ルールを破れ

ギャラップ社。皆様も聞いたことがあると思われるが、このギャラップ社は、世論調査を実施

記事を読む

リーダーシップ本はこれを読むべき:10冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

ビジネス書における人気カテゴリーとして「リーダーシップ本」と「イノベーション本」がある。イノベーショ

記事を読む

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだろう。いろいろなしがらみや常識

記事を読む

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいないだろう。では、フォロワーシッ

記事を読む

活気あるチームの作り方は魚市場に学べ – フィッシュ!

フィッシュ!―鮮度100%ぴちぴちオフィスのつくり方はアメリカで大ヒットになった組織、チ

記事を読む

優れたリーダーの必須3要素とは

「ハーバード流ボス養成講座」とても刺激的なタイトルだ。 ハーバードビジネススク

記事を読む

no image

馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある。 ただし、戦争も進化す

記事を読む

意外と会社は合理的、なるほど。

「官僚的な組織」と聞いてどう思うだろうか? 非効率、不正の温床、そんな印象を持つ

記事を読む

不機嫌な職場 – 協力できないワケとは?

「関わらない」「協力しない」「助けない」という職場が増えているという。なんとなく雰囲気が

記事を読む

全員で経営指標を共有する – オープンブックマネジメント

オープンブックマネジメントという言葉を聞いたことがあるだろうか? オープン:公開

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑