悪い習慣を変えたいと考えるあなたへ

公開日: : 最終更新日:2014/01/01 自己啓発

誰にでもある習慣。自分自身もはっきりと理解していないこの習慣によって良い結果も、悪い結果も生み出されてるとしたら、、、、まずは、習慣を変えないといけないだろう。

でも、その前にそもそも習慣ってなんだろう。まず、習慣といったら良い習慣なんてあまり持ってない人のほうが多いと思う。大抵は、金曜日に痛飲してしまい土曜日を毎週棒に振るとか、禁煙すると宣言することが習慣化しているといった恥ずかしい習慣が多いだろう。

しかし、この習慣どこから来ているのか、と考えるとよくわからない。いや、金曜日だからついつい酒を飲むと、とか、タバコには依存症があるからとか、つまり、もっともらしいついついというケースが多い。別にわざとやっているわけでもなく、習慣化してしまっているのでその習慣に動かされてしまっているのである。

だから、なかなか習慣は変えられない。そんな人は是非進めたいのがこの習慣の力だ。

この習慣の力では、習慣を徹底的に分析している。そして、習慣の仕組みを「きっかけ→ルーチン→報酬」と解析し、「それを習慣化させる欲求」というベースがあると分析している。

アマゾンで著者、チャールズ・デュヒッグ氏による「習慣の力の紹介ビデオオ」が見れる。是非、「習慣の力」の分析について見てほしい。

更に驚きなのは、この習慣の力によって、ビジネスの成果向上につなげることが出来るという。それには、キーストーン・ハビットと言われるような重要な習慣の認識とそれを変える必要があると説く。

最後には自分の習慣を変えるためのガイドもついている。

とにかく、本書によると「全行動の4割は習慣」なのだそうだ。それだけ習慣は重要なのである。

成功した人だけでなく、単に悪い習慣を変えたい人にも必読の書といえるだろう。

■ 発売日
原著は、2012年アメリカで発売された。原著のタイトルは「The Power of Habit: Why We Do What We Do, and How to Change」であり、多少を意訳も含んでいるが訳すならば「習慣の力:なぜ私達はやるのか、私は何をやるのか?そして、それをどのように変えられるか」ということになるだろう。

著者は、ニューヨーク・タイムズ紙記者のチャールズ・デュヒッグ氏。この本は、アメリカではベストセラーであり、2012年アマゾン・ドット・コム(アメリカのアマゾン)で、総合ベストセラーランキング26位である。

関連記事

ギブ & テイク ではなく与え続けることで成功する

ギブ&テイク、つまり、「与えたら、頂く」、双方にバランスが取れた取引である。

記事を読む

自己啓発本はこれを読むべき:10冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

自己啓発本と言われているビジネス書は、毎月のように大量に新刊書が出版される。そして、その多くは忘れさ

記事を読む

フロー体験 ゾーンに入る為には?

「ゾーンに入る」という言葉がある。非常に生産性が高く、はまっている状態だ。 ス

記事を読む

採用基準 – 地頭よりもリーダーシップが重要?

採用基準。知りたいテーマだ。どいうやったらよい仕事(まあ、良い仕事の定義はいろいろあ

記事を読む

「原因」と「結果」の法則 – 全ては自分から

毎月、次々と出版される自己啓発書。この果てしない自己啓発書の出版ラッシュの中でどの本を読

記事を読む

グローバルエリートになりたいならまずは基本に忠実に – 世界のエリートはなぜ、この基本を大切にするのか?

この本の著者は、戸塚隆将氏の経歴がすごい。著名な投資銀行、ゴールドマン・サックス、そし

記事を読む

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 – 親父が教えてくれるビジネスマンとしての基礎

この「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」は、1987年(昭和62年)の日本での

記事を読む

人間関係でお悩みの方へ、まずは自分から行動しよう – 自分の小さな「箱」から脱出する方法

「箱」から出る、という話を聞いたことがある人も多いだろう。箱ってなんだろう、と思っていた

記事を読む

自分の強みを見つけてビジネスマンとしてを成功しよう

「あなたの長所と短所を答えてください」、面接では定番の質問だろう。では、あなたは自分の強

記事を読む

「自分の強み」を活かしてビジネスで成功する

「自分の強みを活かしてビジネスマンとして成功する」 こう書くと当たり前のことを書いているだけの

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑