イノベーションとマネ(模倣)の新しい関係

公開日: : 経営戦略

イノベーションと聞くと全く新しい概念を作り上げるという印象を受ける。その一方で、模倣というとイノベーションと正反対のイメージである。

しかし、本書「コピーキャット: 模倣者こそがイノベーションを起こす」は、イノベーション(革新)+イミテーション(模倣)を組み合わせイモベーションという言葉を提案しており、イノベーションを起こすためにイミテーション(模倣)は必要だとしている。

新しい概念だろう。

誤解をする人も多いと思うので、模倣というは「まねすれば」という簡単なものではない。

本書では、その例として、米国で大成功した、格安航空会社サウスウェスト航空とその成功を見て、そのサウスウェスト航空のビジネスモデルを帆申して作られた格安航空会社について紹介されている。サウスウェスト航空は、一見すると模倣しやすいシンプルなビジネス構造(例えば、使用する飛行機の機種を1機種にしぼる、サービスを最低限にしコストを削減する)をしているが、実際には、すべての模倣者が成功した訳ではない。つまり、模倣するのにも模倣戦略があるということだ。

また、このサウスウェスト航空も先行して失敗した格安航空会社を模倣した所もあるという。

このようにコピーキャットは模倣をビジネス戦略として分析し、模倣戦略をイノベーションを起こすという視点から詳細に解説する非常にユニークな経営戦略書だ。

■ 発売日
原書「Copycats: How Smart Companies Use Imitation to Gain a Strategic Edge」は、2010年にアメリカで発売された。

版元はあのハーバードビジネスレビューも発行するHarvard Business School Publishing。著名な版元だ。著者のオーデッド・シェンカー氏は、オハイオ州立大学フィッシャー・カレッジ教授。

関連記事

優良企業が衰退した共通の理由とは – ビジョナリー・カンパニー 3 衰退の五段階

全部で4作出版されているビジョナリー・カンパニー シリーズ。1作目、2作目、4作目は成

記事を読む

驚きの真実:偉大な企業になるためには? – ビジョナリー・カンパニー 2 飛躍の法則

「良好(グッド)は偉大(グレート)の敵である」この言葉から始まる「ビジョナリー・カンパ

記事を読む

エクセレント・カンパニー すごい企業の共通点をあぶり出す

エクセレント・カンパニー は、元マッキンゼーのコンサルタントであるトム・ピーターズ氏がか

記事を読む

経営書はこれを読むべき:10冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

世の中に経営戦略について解説したビジネス書、つまり、経営書は数多くある。その中で、古典とも言えるロン

記事を読む

マネジメントとは何か? – マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則

ピーター・ドラッカー氏といえば、日本で最も人気がある経営学者の一人である。「もし高校野

記事を読む

MBA を独学で – Personal MBA

MBA、正確に言えば、Master of Business Administratio

記事を読む

戦略的思考を学び、それを企業経営に活かしたいとお考えの方への良書:企業参謀

大前研一氏といえば日本が世界に誇るビジネスシンカー。 この大前氏は、マッキンゼー・

記事を読む

経営戦略をわかりやすく俯瞰的に学びたい方へのおすすめ本

経営戦略本は数多くある。経営戦略もいろいろとある、バリュー・チェーン(競争優位の戦略)、

記事を読む

ザ・ゴール ― 最大のスループットを得るためにボトルネックを探せ

ザ・ゴールは一言で言えば、生産管理をテーマにしたビジネス小説である。いかに工場において

記事を読む

なぜ優良企業こそが衰退するのか – それがイノベーションのジレンマ

成功を収め、大きなマーケットシェアを持っている業界トップの優良企業。この企業が、保有するその優れ

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑