優れた意思決定をするには – インテグレーティブ・シンキング

意思決定、簡単なようでこれだけ奥深いテーマはない。

よく会社で起こりがちな意思決定パターンは以下の様なイメージだ。

テーマ:システム開発が期限までに終わらない
案1:予定されていた機能を減らして間に合わせる
案2:開発する期間を伸ばしてもらう

このような関係はトレードオフと言われる関係であり「一方を優先させると、他方が犠牲になる」ということである。議論の結果は、案1か案2の中から選ぶか、それとも合意せずに問題を先延ばしということになる。

ただ冷静に考えてみれば、現在開発できている機能をまとめて先にリリースし、そこでの使用率を見て機能の優先順位を決めるなど、非常にクリエティブな決断はできる。これは、案1、案2を超えた判断である。

このような判断をするためには何が必要なのか? どのような考え方を身に付ければいいのか? この疑問に対して役に立つのが今回紹介する本書「インテグレーティブ・シンキング」である。

この「インテグレーティブ・シンキング」の第1章のタイトルは「二者択一を避ける – インテグレーティブ・シンキングによる創造的解決」であり、第2章のタイトルは「セカンドベストは選ばない – 最適解を追求するインテグレーティブ・シンキング」、第3章のタイトルは「ファクトリー・セッティングから自由になる – 既存のモデルを絶対視しない」ということからもわかるように、このインテグレーティブ・シンキングは、本質に迫り、既存モデルを疑い、常に創造的な解決策を産み出す思考方法である。尚、インテグレーティブ・シンキング(Integrative Thinking)を直訳すれば、統合的な思考方法とも訳せる。

この本では、単にこのインテグレーティブ・シンキングを解説するだけではなく、実際にインテグレーティブ・シンキングを身につけるために必要な以下の様な6つの視点や3つの思考ツールについて詳しく解説している。

そして、それだけではなくこの視点や、ツールを使いどのようにインテグレーティブ・シンキングを身につけていくかについても「第8章 計画的な経験の蓄積」で詳しく解説されている。

・6つの視点
 外への視点
 1. 既存のモデルは絶対ではない
 2. 対立するモデルの存在は問題解決にとって有益である
 3. よりよいモデルは必ず存在する
 内への視点
 4. 自分にはより良いモデルを発見する能力がある
 5. 複雑さの中にこそ答えがある
 6. 答えが見つかるまであきらまない
(本書P140より引用)

・3つの思考ツール
 - 発想推論 (本書P171)
 - 因果モデリング (本書P178)
 - 共感型質問(本書P185)

特に常にトレードオフの中で困難な選択を迫られていると感じるビジネスパーソンにおすすめなのがこの「インテグレーティブ・シンキング」は、「The Opposable Mind: How Successful Leaders Win Through Integrative Thinking」である。これを身に付ければ、あなたも数々のブレークスルーを生み出せるのではないか?

■ 発売日
本書「インテグレーティブ・シンキング」は、「The Opposable Mind: How Successful Leaders Win Through Integrative Thinking」として2007年に発売された。著者は、ロジャー・マーティン氏。

ロジャー・マーティン氏は、ハーバードビジネススクールでMBAを取得後、1985年にあのマイケル・ポーター氏などが創設した戦略コンサルティング会社、モニター社に入社。1995年には共同社長に就任した。1998年から、カナダ、トロント大学ビジネススクール(Rotman School of Management)の学長を2013年まで務めた人物である。

主な著書として、「頑張りすぎる上司が部下と頑張らない部下」の相互関係を解き明かした「「頑張りすぎる人」が会社をダメにする―部下を無責任にしてしまう上司の法則―」などがある。

関連記事

仕事の道具:おしゃれ電卓の決定版

どんなにタブレット端末が流行しても、いざというときにはやはり電卓である。 おしゃれ

記事を読む

仕事が多すぎて、と感じる人に読んでほしい2つの仕事効率化ビジネス書

・ 自分だけ仕事が多い ・ 残業続きだ ・ 何故か自分だけ帰れない ・ 絶対に1人で終わる仕事

記事を読む

仕事術:六本木ヒルズに自分の書斎を持つ

非常に刺激的なタイトルにしてしまい申し訳ない。特に大金持ちになって六本木ヒルズに住もうということでは

記事を読む

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 – 仕事効率化プログラム(PEP)

この なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 の原題は「The Personal Effi

記事を読む

会議を効率化する進め方とは

「非効率、何も決まらない、やっても意味がない」など会議についてあまり良い印象がないビジネスマンも多い

記事を読む

真の交渉術とは会話術 – ダイアローグスマート

「伝えるのは難しい、そして、対立するようなテーマであれば尚更だ」、ビジネスシーンで毎日

記事を読む

職場にいる苦手な人に対処する際に知りたいこと

どこの会社に転職しても、どこの営業所に転勤になっても、どこの部署でも「この人を苦手だな」と思う人は1

記事を読む

武器としての交渉思考 – この交渉力が今必要だ

交渉術とすると何か人をだますというようなコワイ印象を与えがちだ。つまり、人の心理を読ん

記事を読む

起業を考える際に読みたい本:5冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

昨今、起業ブームだ。起業と言ってもどのようなビジネスをするかによって読む本は変わりそうだ。専門分野に

記事を読む

転職活動する前に知っておきたいこと

「転職」、今では誰もが避けられないキーワードであろう。 大手企業も経営環境の変化からリストラに

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑