1分間マネジャー – 卓越したマネジャーになるための古典的名著

公開日: : 組織・リーダーシップ論

マネージャー論、日本で言えば、課長論を語ったビジネス書は実に多い。それだけ、人のマネジメントというのは悩みが多いものだ。

その中でも最も売れているビジネス書と言えば、この「1分間マネジャー」だろう。1982年と今から30年以上に前に発売され、販売累計は全世界で1300万部を数える。今でも、1ヶ月に1万部ほど売れている管理職の為のベストセラー、ロングセラーな古典的名著と言えよう(*1)

著者は、ケン ブランチャード氏とスペンサー ジョンソン氏。両氏ともに数多くの著作がある、ビジネス書業界における大ベストセラー作家と言える。スペンサー ジョンソン氏は、販売部数累計特に2600万部を誇る「チーズはどこへ消えた?」の著者でもある。

この本の最大の特徴は、ビジネス小説形式で、簡単に読みやすくマネジャーとして必要な3つのポイントを伝えていることだ。

まずは1分間目標設定:
明確な目標と達成基準を設定し、上司と部下が合意した上で、それを明文化する。
目的ごとに1枚の紙に書き、1分で読めるようにする。

■ 目標に到達した場合
 1分間称賛法:

 すぐに行動を褒める、褒める時は具体的に、それについてどう感じたか等の気持ちも話す

■ 目標に到達しなかった場合
 1分間叱責法:

 すぐに行動を戒める、叱責する際には具体的に、それについてどう感じたか等の気持ちも話す

(本書P123から抜粋)

非常にシンプルであるが、真を捉えたものだ。詳細なエッセンスを得る為にも是非ともこの「1分間マネジャー」を読んでいただきたい。

また、本書の中には、訳者(小林薫氏、産能大学教授)によるあとがきで、組織行動の理論的な観点から本書が補足されている。訳者のあとがきも注目だ。

■ 発売日
1982年に発売された。

*1 筆者のWebサイトより

関連記事

チームビルディングに悩んだ時に読みたい2冊のビジネス小説

チームビルディング(つまり、チーム作り)に悩むマナージャーの方も多いだろう。 「問題ない無いチ

記事を読む

全員で経営指標を共有する – オープンブックマネジメント

オープンブックマネジメントという言葉を聞いたことがあるだろうか? オープン:公開

記事を読む

外資系キャリアの出世術 – 会社のルールを学ぶ

「こんなに正直に書いてしまっていいのか」というのがこの本の感想だ。 タイトルに「外

記事を読む

あなたのチームは機能していますか? 最高のチームを作ろう

ビジネス小説といえば「ザ・ゴール」が有名だろう。小説という形をとって、いかに売上を上げ

記事を読む

トヨタから育て方を学ぶ

もっと部下が働いてくれたら、、、 と思いながらも、現在の厳しいこのご時世では業

記事を読む

リーダーになる – リーダーシップ論の古典的名著

リーダーの仕事って一体なんだろう。非常に難しいテーマだ。 職場でリーダーが強調

記事を読む

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだろう。いろいろなしがらみや常識

記事を読む

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない話である。そして、みんながうす

記事を読む

仕事がつまらないと考えるあなたへ

日本では「サザエさん症候群」という言葉がある。これは、サラリーマンが、日曜日の6時半

記事を読む

意外と会社は合理的、なるほど。

「官僚的な組織」と聞いてどう思うだろうか? 非効率、不正の温床、そんな印象を持つ

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑