ビジネス教養

デザイン思考がイノベーションを支える

投稿日:2013年12月22日 更新日:

IDEOという会社をご存知だろうか? IDEOは、アメリカの西海岸、シリコンバレーに本社を置く、デザインコンサルティング会社である。

デザイン会社といえば、単に広告のデザインや製品のデザインの作業を行う会社という印象を受ける。デザインコンサルティング会社のIDEOの業務はそれよりもかなり幅広く、ある特定のビジネス課題に対してデザインの分野から解決策を提供するコンサルティング会社と言っていいだろう。

イノベーティブな商品・サービスを次々に産み出す仕事ぶりから、イノベーションを継続的に起こす会社と注目されている。過去には、アップル社の初めてのマウスや、パーム社のPDA(Palm V PDA)などがIDEO社のプロジェクトから生まれた。あの、無印良品の壁掛け式CDプレーヤーも、IDEO社のプロジェクトから生まれたということだ。

この「デザイン思考が世界を変える」は、そのIDEO社のCEOであるティム・ブラウンの著書であり、デザイン思考という言葉が日本でヒットする元となった本ともいえよう。

本書では、「失敗が成功の早道でありプロトタイプを作って繰り返しチャレンジすることの重要性」や「ブレインストーミングを通じて数多くのアイディアを出す、それは、良いアイディアを生み出すためには、数多くのアイディアを試さなくてはいけない」など、アイディア思考からのイノベーションへのアプローチについて解説している。

ますます、情報が溢れ複雑化する時代の製品やサービスは、人間中を中心に据えた心地良いデザインが求められている。つまり、デザインの視点からビジネス課題を解決する重要性はますます大きくなってきており、この「デザイン思考」の重要性がますます高まっていくのではないか?

そのような視点からも「デザイン思考が世界を変える」は、注目のビジネス書だ。

■ 発売日
原著は、「Change by Design: How Design Thinking Transforms Organizations and Inspires Innovation」として、2009年にアメリカで発売された。直訳すれば、「デザインによって変えろ! – デザイン思考がどのようにして組織的な変身やイノベーションのひらめきを与えるのか?」というところだろうか。著者は、繰り返しになるが、IDEO社のCEOであるティム・ブラウン(Tim Brown)氏である。

-ビジネス教養
-

執筆者:

関連記事

集合知は意外に正しい

「みんなの意見」は案外正しい – 集合知を解き明かす

「みんなの意見」は案外正しいは、いわゆる集合知について語っている。数多くの人々の意見を寄せ集めることで、その集団が出す結論は専門家よりも的確な答えを導き出すということを統計学的な観点から解説している。 …

スクラムで動くITサービスを素早く実現 – アジャイル開発とスクラム

アジャイル開発と聞けば、システム開発の手法だろうと思う人も多いだろう。多くのビジネスマン(つまり、開発者以外)にとっては関係ないことと考えるかもしれない。 このアジャイル開発は、変化に対応して(状況に …

アメとムチのモチベーション理論からの脱却すすめ

アメとムチ、あまりいい意味では使われないが、「報酬を望み懲罰を恐れる」ということであろうか。そして、このアメとムチという考え方が、現代においてモチベーション(やる気)を考える際に根本にあると言っていい …

iモード事件 – 成功体験を体感する

20世紀最後の大ヒットとも言えるのが、iモード。このiモードの誕生を秘話を綴ったのがこのiモード事件である。 筆者は、このiモードの生みの親である松永真理氏。日本を代表する大企業集団NTTの携帯電話事 …

神秘的な企業:レッドブルの秘密に迫る – レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

レッドブルは謎に満ちた雰囲気がある。レッドブルは実にメディア露出が多い。F1でのレッドブルチームを初めとして、さまざまなエクストリームスポーツをサポート、そして、いろいろなイベントを開催している。 そ …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。