仕事の道具:ホワイトボード+ノートのおすすめビジネス文具

公開日: : 最終更新日:2014/01/01 仕事術・交渉術・思考方法

イノベイティブな事を考える際に重要なビジネスツールは何であろうか?

その1つとして挙げたいのは「ホワイトボード」だろう。

・厳しい議論を整理するのもホワイトボード
・プレゼンの補足説明で図表をその場で書くためのホワイトボード
・アイディアを整理するのもホワイトボード

とにかく、ビジネスを決めるときには必ずホワイトボードが必要なのだ。

今回紹介するアイディア商品はノート型のホワイトボード。ありそうでなかったツールでありおすすめである。

特に
・ 自分でアイディアを考える時
・ 隣の席の人と席で議論する時
などに重宝するA4タイプと、
・ 会社の自席で大きなアイディアを隣の人と考える
・ 小さなチームで食堂の席で考える時
などに重宝するA3タイプの2つがある。

メモ書きなどに持つ使える。

しかし、ノート型とはいえやはりホワイトボード。会議室以外の場所、例えば自席やカフェテリアスペース(と言うか自動販売機が設置されている前にある椅子とテーブル)など、ホワイトボードがない場所でアイディアを考えるときや議論するときに「ホワイトボードの力」として真価を発揮するだろう。おすすめである。

[amazonjs asin=”B00A08IVT4″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”CANSAY NUboard A4判”]

[amazonjs asin=”B00E5645VK” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”NUboard(ヌーボード)A3判変型 持ち運べる新感覚ホワイトボード!手軽に持ち運べるホワイトボード レイヤー機能で使い方いろいろ”]

関連記事

武器としての交渉思考 – この交渉力が今必要だ

交渉術とすると何か人をだますというようなコワイ印象を与えがちだ。つまり、人の心理を読ん

記事を読む

転職活動する前に知っておきたいこと

「転職」、今では誰もが避けられないキーワードであろう。 大手企業も経営環境の変化からリストラに

記事を読む

権力を握る人の法則 – スタンフォード大学ビジネススクール教授が書いた出世術の本

真剣に出世したいか? と問われれば迷う人も多いだろう。この混沌とした時代で、果たして出世

記事を読む

会社(組織)で出世するためには – 会社で「ブランド人」になれ!

過激といえば過激な本かも知れないが、かなり的を得ている。これがこの本を読んだ感想だ。

記事を読む

読書術:読書ノートをつけてみませんか?

先月の読んだ本は? と聞かれてすんなり答えられない人も多いだろう。 次々と発売されるビジネス

記事を読む

仕事が多すぎて、と感じる人に読んでほしい2つの仕事効率化ビジネス書

・ 自分だけ仕事が多い ・ 残業続きだ ・ 何故か自分だけ帰れない ・ 絶対に1人で終わる仕事

記事を読む

会議を効率化する進め方とは

「非効率、何も決まらない、やっても意味がない」など会議についてあまり良い印象がないビジネスマンも多い

記事を読む

仕事の道具:おしゃれ電卓の決定版

どんなにタブレット端末が流行しても、いざというときにはやはり電卓である。 おしゃれ

記事を読む

仕事の道具:おしゃれメモ帳(ノート)で発想を豊かに

「モレスキン」というノート ブランドをご存じだろうか? あのゴッホ、ピカソ、ヘミングウェイも愛用して

記事を読む

仕事の道具:ノータイスタイルで美しく見せるおすすめのワイシャツ

「なんだかんだいって、外見は重要」と説く本は多い。これは「朝の時間を活用しろ」や「メールは早めに返事

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑