仕事の道具:おしゃれメモ帳(ノート)で発想を豊かに

公開日: : 最終更新日:2014/01/19 仕事術・交渉術・思考方法

モレスキン」というノート ブランドをご存じだろうか? あのゴッホ、ピカソ、ヘミングウェイも愛用していたという伝説のノート ブランドである。

ハードカバーの表紙とゴムバンド、そして、しおりという組み合わせの分厚いノートブックは、文具好きのおしゃれな人にヒットするアイテムだ。もちろん、おしゃれさは仕事ができるという雰囲気を醸し出す上で重要な要素だ。

使っているとおっと思われるメモ帳(ノート)であるモレスキン。いわゆる定番のモレスキンノートは、
・ 表紙は、赤と黒
・ 中身は、方眼、横罫、無地
・ サイズは、ラージとスモール – ラージ(13x21cm)と言ってもA4サイズ(21X29.7cm)よりも小さく持ち運びに便利な大きさのメモ帳とも言える
がある。

現在、スケジュール帳なども展開されている。

このモレスキンについては、モレスキンの活用術本(モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方モレスキン 人生を入れる61の使い方)も発売されている。愛されるブランドはすごいというところだろうか?

仕事の現場には、横罫、黒のラージはどうだろうか?

■ 黒・横罫・ラージ
[amazonjs asin=”490379914X” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”MOLESKINE モレスキン ルールドノートブック・横罫・ラージ (文具)”]

■ 黒・方眼・ラージ
[amazonjs asin=”4903799166″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”MOLESKINE モレスキン スクエアードノートブック・方眼・ラージ (文具)”]
ちなみに、方眼のおしゃれメモ帳といえばフランス発祥の「ロディア」も人気だろう。

■ 黒・無地・ラージ
[amazonjs asin=”4903799131″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”MOLESKINE モレスキン プレーンノートブック・無地・ラージ(文具)”]

関連記事

優れた意思決定をするには – インテグレーティブ・シンキング

意思決定、簡単なようでこれだけ奥深いテーマはない。 よく会社で起こりがちな意思決定

記事を読む

会社(組織)で出世するためには – 会社で「ブランド人」になれ!

過激といえば過激な本かも知れないが、かなり的を得ている。これがこの本を読んだ感想だ。

記事を読む

起業を考える際に読みたい本:5冊のおすすめのベストセラー・必読の名著

昨今、起業ブームだ。起業と言ってもどのようなビジネスをするかによって読む本は変わりそうだ。専門分野に

記事を読む

転職活動する前に知っておきたいこと

「転職」、今では誰もが避けられないキーワードであろう。 大手企業も経営環境の変化からリストラに

記事を読む

真の交渉術とは会話術 – ダイアローグスマート

「伝えるのは難しい、そして、対立するようなテーマであれば尚更だ」、ビジネスシーンで毎日

記事を読む

仕事の道具:ノータイスタイルで美しく見せるおすすめのワイシャツ

「なんだかんだいって、外見は重要」と説く本は多い。これは「朝の時間を活用しろ」や「メールは早めに返事

記事を読む

論理的に考える&表現する技術を学ぶ為におすすめの本:ピラミッド原則

自分の考えを人に説明するというのは実に大変な作業である。 そもそも自分の考えを

記事を読む

ストレスをためないことが一番

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 – 今最も支持されている仕事術

GTDとは、Getting Things Doneの頭文字をとったもの。デビッド アレ

記事を読む

仕事の道具:おしゃれ電卓の決定版

どんなにタブレット端末が流行しても、いざというときにはやはり電卓である。 おしゃれ

記事を読む

読書術:読書ノートをつけてみませんか?

先月の読んだ本は? と聞かれてすんなり答えられない人も多いだろう。 次々と発売されるビジネス

記事を読む

no image
馴染み深い効率性の追求は正しいのか? TEAM OF TEAMS

軍隊の組織的な研究は、失敗の本質など、有名な著書がある

将来に対しての不安の実態は何か? それを解決するために

日本社会が低成長に入り、年を取れば給料が上がるという時代は過ぎ去った。

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2017年度版)

アメリカのビジネス書ランキングを知ることは、日本のビジネス書の将来のラ

悪いヤツが出世する!?

悪いヤツほど出世する。そういわれてしまえば元も子もない

Google からビジネスを学ぼう

誰もが知っているビジネスの優等生米国グーグル社。検索エンジン市場を支配

戦時のCEOの教科書 – HARD THINGS

戦時のCEOのための新定番とも言えるのがこの「HARD T

できるだけやらないことが成果を産む? エッセンシャル思考

湧き上がる仕事、この仕事にどう対処するか? 今、こん

アメリカのベストセラービジネス書はこれだ (2015年度版)

2015年、ビジネス書の本場とも言えるアメリカではどのような本が売れた

フォロワーシップ:チーム強化のために上司も部下も知っておきたいこと

リーダーシップという言葉を聞いいたことがないという人はいな

新しい働き方:小さなチーム、大きな仕事

新しい働き方を説く本は多い。しかし、それを実践するのは難しいだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑