ビジネス教養

行動経済学が明かす、不合理な消費行動

投稿日:

行動経済学という分野がある。実際の消費者の行動を観察することで人間がどのように選択・行動するかを明らかにしようとする分野だ。

従来の経済学では、人間は経済合理性に基づいて選択・行動するものだという前提が強い。これと比較して、行動経済学では実際の人間の心理に基づいた選択・行動に注力する。その結果、必ずしも行動に経済合理性が認められないということがわかっている。

実際に生活しているある意味当たり前のことかもしれない。すべての行動を合理的になんて考えていない。そんな合理的に考えていたら疲れてしまうだろう。。。というのはさておいて、

この本、予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」は、そんな行動経済学について本格的に解説した本である。原著は、「Predictably Irrational: The Hidden Forces That Shape Our Decisions」というタイトルであり、訳すれば、「予想できる不合理、私達の決定を形成する隠れた力」というタイトルだ。

著者、アメリカ ダートマス大学の教授、ダン アリエリー(Dan Ariely)氏。行動経済学の権威だ。

オトリの選択肢、プラセボ効果など、知っておきたいことも多いし、読み物としても非常に面白い。おすすめの本だ。

ダン アリエリー(Dan Ariely)氏のTEDトークも非常に面白い。日本語字幕もあるので是非とも閲覧をおすすめする。

■ 発行日
予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」は、「Predictably Irrational: The Hidden Forces That Shape Our Decisions」として、2008年に発売された。その後、アップデートした加筆、改訂版が2010年に発売されている。

-ビジネス教養

執筆者:

関連記事

集合知は意外に正しい

「みんなの意見」は案外正しい – 集合知を解き明かす

「みんなの意見」は案外正しいは、いわゆる集合知について語っている。数多くの人々の意見を寄せ集めることで、その集団が出す結論は専門家よりも的確な答えを導き出すということを統計学的な観点から解説している。 …

アメとムチのモチベーション理論からの脱却すすめ

アメとムチ、あまりいい意味では使われないが、「報酬を望み懲罰を恐れる」ということであろうか。そして、このアメとムチという考え方が、現代においてモチベーション(やる気)を考える際に根本にあると言っていい …

最高の経営判断からビジネスを学ぶ – ありえない決断

最高の経営判断。良い経営判断。それはどんな経営判断であろうか? その多くは、判断した時には賛否両論、いや、否のほうが多かったかもしれない決断かもしれない。しかし、その判断なかで成功した経営判断は、歴史 …

デザイン思考がイノベーションを支える

IDEOという会社をご存知だろうか? IDEOは、アメリカの西海岸、シリコンバレーに本社を置く、デザインコンサルティング会社である。 デザイン会社といえば、単に広告のデザインや製品のデザインの作業を行 …

iモード事件 – 成功体験を体感する

20世紀最後の大ヒットとも言えるのが、iモード。このiモードの誕生を秘話を綴ったのがこのiモード事件である。 筆者は、このiモードの生みの親である松永真理氏。日本を代表する大企業集団NTTの携帯電話事 …

皆様のビジネス書選びの一つの指針になればと考えております。コンセプトはこちら。何を読んだらいいかわからない方はこちらをご覧ください。